ニュース
» 2008年06月19日 18時15分 公開

手書きパッドで4言語入力 シャープのビジネス電子辞書仕事耕具

シャープはビジネスパーソン向けの電子辞書「PW-AT780」を発売する。ビジネスコンテンツや中国語コンテンツを多く収録し、4言語対応の手書きパッドを搭載している。

[杉本吏,ITmedia]

 シャープは6月25日、電子辞書Papyrusシリーズにビジネスパーソン向けの新製品「PW-AT780」を追加する。店頭価格は3万3000円前後の見込み。

 「経済新語辞典07」や「日経パソコン用語辞典2008」、経営・流通・株式など7種類のビジネス用語辞典を収録。日本語、英語の各種辞典に加え、「デイリー日中英・中日英辞典」「必ず話せる 中国語入門」など、中国語コンテンツも充実させたという。

 キーボード部分の下部に、日本語/英語/中国語(簡体字)/韓国語(ハングル)の4言語に対応する手書きパッドを搭載。まず、辞書コンテンツを選択し、その後、文字を手書きすると意味を表示する。これにより、海外出張先などで分からない言葉を見かけた際に、見たままを手書き入力して意味を調べるといった使い方が可能だ。メインディスプレイには480×320ピクセルの液晶パネルを採用しており、メインディスプレイ、手書きパッドともにバックライトを備えるため、暗いところでも使用できる。

 このほか、表示中のテキストを英語音声で再生したときに、音声に合わせてテキストの一部を反転表示する「字幕リスニング機能」、再生速度の5段階切り替えなど、リスニング学習のための機能も搭載する。

 サイズは146×105.3×21.2ミリ(幅×奥行き×高さ)、重さは289グラム。電源は単四形アルカリ乾電池かニッケル水素充電池2本で、約120時間の連続使用ができる。ノーブルホワイトとグレースバイオレットの2色を用意し、イヤフォン、タッチペン、単四形アルカリ乾電池2本が付属する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ