ゲリラ雷雨を“感測” ウェザーニューズが防衛隊結成

ウェザーニューズは、ゲリラ雷雨を監視する「ゲリラ雷雨防衛隊」の隊員を募集する。

» 2009年07月13日 16時01分 公開
[塙恵子,Business Media 誠]

 ウェザーニューズは7月13日、ゲリラ雷雨の被害を軽減するため、ゲリラ雷雨を監視する「ゲリラ雷雨防衛隊」の隊員を募集する。

 ゲリラ雷雨防衛隊は、ゲリラ雷雨を事前に捕捉することを目的に「ウェザーニュース」の携帯サイト内で発足したコミュニティー。ウェザーニュース携帯サイトの月額315円会員はだれでも参加できる。ウェザーニュース携帯サイトは、NTTドコモ、au、ソフトバンクモバイルのGPS機能搭載機種で利用できる。

photo

 ゲリラ雷雨防衛隊員は、事前に登録をした地点を重点的に“感測”する役割を担うことになる。感測はウェザーニュースから「監視体制始動メール」が届いたタイミングで実施。届いたメールのリンク先のサイトで、「現在の天気」「雲のある方角」「雲の成長具合」「雷鳴の有無」「肌で感じた感覚」などを入力し、写真などと併せて送信する。

 前年は、全国1万人以上の「ゲリラ雷雨防衛隊」の隊員と日本の空を“隊員の目”で監視し、平均で70%以上の確率で“ゲリラ雷雨”を事前捕捉した。

 今年は、例年よりも多くのゲリラ雷雨が発生すると見込まれている。ゲリラ雷雨による「死亡者ゼロ」と「事前捕捉率90%以上」を目指し、昼モード、夜モードなどのそれぞれの時間に合った報告をする。

 ゲリラ雷雨防衛隊への登録は http://wni.jp/ (携帯用)から。ゲリラ雷雨発生を事前に携帯メールに知らせる「ゲリラ雷雨メール」は、7月21日にスタートする予定。なお、先着登録者2万人に、雲の位置をより細かく特定できるオリジナル方位磁石をプレゼントする。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

あなたにおすすめの記事PR