ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ウェザーニューズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ゲリラ雷雨レーダー」、ウェザーニュースのアプリに実装
ウェザーニューズは5日、36時間先までのゲリラ豪雨リスクが分かる「ゲリラ豪雨レーダー」をスマートフォンアプリ「ウェザーニュース」(iOS、Android)で提供すると発表した。(2022/7/5)

ウェザーニューズ、「熱中症見舞い金サービス」開始 一律5000円を支給
見舞金の受け取りにはアスリート向け気象ウェブサービス「MiCATA」とパーソナルプラン、熱中症見舞金サービスへの加入が必要となる。(2022/7/4)

サードパーティーの気象データは事業をどう変えるか 国内事例5選
ウェザーニューズは気象情報を軸に、地震や台風から桜の開花や花粉など季節に関する情報に至るまで、独自のデータを基にしたきめ細かな情報提供を強みとする。近年は企業ITの変革に、このデータを生かす取り組みも増えている。サードパーティーの気象データを獲得することで事業運営はどう変わるだろうか。(2022/7/19)

電力需給が厳しい時間は?:
ウェザーニューズ、「電力需給予報」緊急公開 電力需要をAIが予測
ウェザーニューズが天気情報アプリ「ウェザーニュース」で「電力需給予報」を緊急公開した。独自開発のAIが電力需要を予測し、各エリアの電力ひっ迫度合いが時系列で確認できるようにしている。電力需給が厳しい時間帯を可視化することで、企業や家庭の節電につなげる狙いがある。(2022/6/29)

ウェザーニューズ、「電力需給予報」公開 気象&電力供給データからAIが全国の“電力ひっ迫度”を予測
ウェザーニューズは、天気アプリ「ウェザーニュース」(iOS/Android)で電力需給予報を公開した。国内の全電力エリア分の電力ひっ迫度(電力使用率)を算出し、電力需給が厳しい時間帯を時系列で確認できる。利用料は無料。(2022/6/29)

ドローン:
ウェザーニューズ、航空気象サービスに強風リスク予測と瞬間風速予測を追加
ウェザーニューズは、同社の航空気象サービス「FOSTER-GO」に強風リスク予測と瞬間風速予測を追加した。ドローンやヘリコプターの安全運航に寄与するものとなっている。(2022/4/27)

ウェザーニューズが5万人に調査:
都道府県別「お花見予算ランキング」 3位「熊本県」、2位「福井県」、1位は?
ウェザーニューズが「お花見調査2022」の調査結果を発表した。その結果、「お花見予算」の都道府県ランキング1位は青森県で、4400円だった。青森県は前年度に続き、2年連続の1位。2位は「福井県」(4000円)、3位は「熊本県」(3310円)だった。(2022/4/4)

ウェザーニューズ、トンガ火山噴火による気圧変化のデータを研究者向けに無償提供
ウェザーニューズは15日にトンガ諸島付近で発生した大規模な火山噴火について、同社の気象観測機「ソラテナ」が観測した気圧のデータを研究者向けに無償で提供する。(2022/1/20)

半径50kmの雨雲を30秒で立体スキャン、ウェザーニューズが新レーダー開発 ゲリラ豪雨の予測精度向上
ウェザーニューズが新型の気象レーダーを開発。千葉県内で実証実験を始めた。半径50kmの雨雲を30秒で立体スキャンでき、ゲリラ豪雨や線状降水帯の推移など予測精度向上に役立つという。2年以内に日本を含むアジア50カ国での設置を計画する。(2021/10/14)

特選プレミアムコンテンツガイド
「脱オンプレミス」をウェザーニューズが目指す理由
ウェザーニューズは気象データ提供サービス「WxTechサービス」の提供基盤として、AWSを利用している。同社が「クラウドファースト」に取り組む理由と、AWSの活用方法とは。(2021/9/16)

製造ITニュース:
商品需要予測などに活用できる、製造業や小売業向けの気象データセットを発売
ウェザーニューズは、製造業や小売業向けに、商品の需要予測やデータ分析を支援するための気象データセットを発売した。天気や気温など、商品の売れ行きに影響がある気象要素のデータを提供する。(2021/9/13)

2021年のゲリラ豪雨傾向、前年比1.2倍の発生回数
ウェザーニューズは、突発的かつ局地的に激しい雨や落雷をもたらす「ゲリラ豪雨」に対し、事前対策への意識を高め被害軽減につなげるため、「ゲリラ豪雨傾向 2021」を発表した。2021年のゲリラ豪雨の発生回数は2020年のおよそ1.2倍。(2021/9/10)

「クラウドファースト」を具現化するウェザーニューズ【第4回】
ウェザーニューズが「脱クラウド」「オンプレミス回帰」を選ばない明確な理由
クラウドファーストの方針に基づき、クラウドサービスを積極的に活用するウェザーニューズ。先駆的なクラウドユーザーの間で進む「脱クラウド」「オンプレミス回帰」の波には乗らないと同社は言い切る。その理由は。(2021/8/18)

今後96時間以内の浸水被害のリスクを予測:
「西日本豪雨」の気象データなどのビッグデータを解析 ウェザーニューズが「浸水被害リスク予測」を提供開始
ウェザーニューズは、スマートフォン向けアプリ「ウェザーニュース」で「浸水被害リスク予測」の提供を開始した。1キロメッシュでシミュレーションし、浸水被害のリスクを予測する。解析には西日本豪雨時の気象データなどのビッグデータを使う。(2021/8/13)

「クラウドファースト」を具現化するウェザーニューズ【第3回】
ウェザーニューズが実践 「AWS」を安心して安く使う工夫とは?
ウェザーニューズは「AWS」を利用し、気象データを提供する「WxTech」サービスを運用している。AWSの“ヘビーユーザー”である同社は、AWSの利用コスト抑制のために、どのような工夫を取り入れているのか。(2021/8/10)

「クラウドファースト」を具現化するウェザーニューズ【第2回】
ウェザーニューズが「WxTech」のインフラに「AWS」を選んだ“あの理由”
ウェザーニューズは、気象データを提供する「WxTech」サービスのインフラとして「AWS」を利用している。なぜAWSを選んだのか。同社に理由を聞いた。(2021/8/2)

「クラウドファースト」を具現化するウェザーニューズ【第1回】
ウェザーニューズが気象サービス「WxTech」構築で直面したインフラ面の課題とは
気象データを提供する「WxTech」サービスを構築する上で、ウェザーニューズはインフラに関する“ある課題”に直面した。それは何だったのか。(2021/7/28)

ウェザーニューズ、Cookieに頼らない「天気連動型動画広告」 CTRは従来比40%向上
ウェザーニューズ社は、スマホアプリ「ウェザーニュース」内でCookieに頼らずユーザーの好みに合う広告を配信する「天気連動型動画広告」の提供を始めた。アプリの利用情報とユーザーの位置情報、気象情報を活用する。(2021/7/19)

2021年の花粉は「先行・速攻」型で「昨年比大幅増」―― ウェザーニューズが「花粉まとめ2021」発表
飛散傾向は「先行・速攻」型とのこと。(2021/6/30)

太陽光発電の電力推定に気象解析データのAPIを提供 ウェザーニューズ
ウェザーニューズは5月17日、太陽光発電量などを推定できる、30分間隔・1kmメッシュの実況解析データを電力会社に提供すると発表した。気象データから日射量を把握し、発電量の推定精度を上げることで、機器のメンテナンスなどに生かせるという。(2021/5/19)

ドローン:
“南海トラフ地震”を想定、国際航業やKDDIらが複数ドローンの完全自動航行を実験
国際航業、KDDI、ウェザーニューズは、災害発生時に複数のドローンやヘリコプターの航行を管理する飛行環境整備を目指し、「UTM(運航管理システム)」の機能検証を三重県志摩市で行った。(2021/4/22)

GIS:
“座礁事故”を事前に防ぐ、ウェザーニーズの世界初を謳う海難事故のアラート通知サービス
スエズ運河での大型コンテナ船「Ever Given」が座礁し、1週間に及ぶ通行停止に陥ったような座礁事故を防ぐため、リアルタイムに海難事故のリスクを船舶や運航管理者へアラート通知するサービスをウェザーニューズが2021年5月から提供する。(2021/4/6)

大雨・大雪・浸水を現実世界にAR表示 災害シミュレーターをウェザーニューズが公開
ウェザーニューズが、AR技術を利用して大雨や大雪、浸水の被害を疑似体験できるスマートフォンアプリを無償公開。防災意識の向上につなげる。(2021/1/14)

「乱気流の揺れ」を未然に防ぐシステム、JALとウェザーニューズが構築 21年1月に運用開始
怖くなくなる……!(2020/12/23)

「週末はおでん日和」 ウェザーニューズ、天気予報データから“おでん指数”を算出
ウェザーニューズは、天気予報データやユーザーの体感温度から、おでんをおいしく食べられるという気候を示す「週末おでん予報」の配信を始めた。(2020/11/27)

ウェザーニューズ、TikTokでライブ配信スタート
ウェザーニューズは同社が運営する天気専門メディア「ウェザーニュース」を中国ByteDanceの動画アプリ「TikTok」で配信すると発表した。(2020/10/15)

2021年のスギ・ヒノキ花粉飛散量は“2020年の2倍近く” ウェザーニューズが予報を発表
一方北海道のシラカバ花粉は2020年から大幅に減少。(2020/10/2)

今いる場所がもし浸水したら? 「AR浸水シミュレータ」、ウェザーニューズが公開
ウェザーニューズが、AR技術を活用して集中豪雨による浸水被害を疑似体験できる機能「AR浸水シミュレータ」を「ウェザーニュース」アプリに追加した。今いる場所が実際に浸水したときの様子をシミュレーションして視覚的に表現する。(2020/8/21)

浸水被害をARで疑似体験 au向け「ウェザーニュース」アプリに新機能
ウェザーニューズは、8月20日にau向け「ウェザーニュース」アプリをバージョンアップ。カメラ機能を使用し、目の前の景色が浸水した状況を映し出して浸水被害を疑似体験できる「AR浸水シミュレータ」を公開した。(2020/8/20)

台風や大雪などによる突発的な需要に対応:
気象データを基に「荒天時の商品特需」を予測 ウェザーニューズが在庫最適化エンジン「PASCAL」を開発
ウェザーニューズは、荒天時の商品の急激な需要変化を予測する在庫最適化エンジン「PASCAL」を開発した。小売業者などが保有する商品販売データと、日々の気象データなどを組み合わせて、平時だけでなく荒天時の来客数や商品需要を品目ごとに予測する。(2020/8/4)

ビジネスと気象の相関分析でDXを支援――ウェザーニューズ、気象データ提供サービス「WxTech」を開始
ウェザーニューズは、ビジネス分析・予測に活用可能な気象データをAPIで提供するサービス「WxTech」を開始。1キロメッシュの天気予報データや過去の天気データ、紫外線や花粉などの生活指数データなどを提供する。ビジネスデータと気象データの相関分析を無料で試せるサービスも提供している。(2020/5/29)

東京の人の移動、緊急事態宣言後は1月と比べて7割減と判明 外出自粛が天気の影響を上回る
ウェザーニューズが「お出かけ移動量マップ」を公開しています。(2020/4/18)

今年のお花見はVRで 自宅で桜の名所をエア花見できる「お花見VR」、ウェザーニューズが公開
VRで桜の美しさにうっとり。(2020/3/16)

売り上げ、人流分析に活用できる:
ウェザーニューズ、1キロ四方の高精度な過去気象データセットを提供開始
ウェザーニューズは1キロメッシュの過去気象データセットの提供を開始した。気象条件が業務やビジネスにどのような影響をもたらすか分析できる。(2020/2/5)

クルマのワイパー稼働から降雨状況を把握、ウェザーニューズとトヨタが実証実験
低い位置の雲が降らせる雨や霧のように細かい雨など、一般的な雨雲レーダーでは捉えられない降雨を、ワイパーの稼働状況から把握する。(2019/11/5)

ウェザーニューズ元営業課長を逮捕 勤務先のPC 18台盗んだ疑い
勤務先のウェザーニューズからPC 18台を盗んだ窃盗などの疑いで、同社の営業課長だった男が警視庁に逮捕された。坂田容疑者は「借金の返済にあてた」などと供述しているという。(2019/8/14)

AIで洪水被害をシミュレーション、ウェザーニューズらが熊本市に今秋導入
ウェザーニューズと損害保険ジャパン日本興亜、One Concernの3社は、AIを活用した洪水の被害予測シミュレーションシステムを2019年秋から熊本市に試験的に導入する。(2019/7/8)

災害時のSNSで情報収集、災害レジリエンスの強化へ――「AI防災協議会」設立 LINE、ウェザーニューズなど
産官学が連携し、AIやSNSなどを活用して防災・減災を目指す「AI防災協議会」を設立。LINE、ウェザーニューズ、ヤフーなどの民間企業も参画する。SNSに投稿される被害情報をAIで収集・活用し、自治体の災害対策や市民の避難行動に役立てるなど、災害対応能力の高い社会の構築を目指す。(2019/6/19)

バーチャルお天気キャスターが花粉情報配信 ウェザーニューズがGoogleアシスタントで
ウェザーニューズがGoogleアシスタント対応アプリ「ウェザーロイドAiri」で花粉情報と桜の開花予想の提供を開始。Googleアシスタントを使って「千葉市の花粉情報を教えて」などと尋ねると、バーチャルキャラクターの声で回答する。(2019/3/18)

路面の雪の状態をリアルタイムに認識する「AI道路管理支援システム」 雪氷対策などに実用化へ――ウェザーニューズから
ウェザーニューズは、定点カメラの映像/画像から、路面を覆う雪の状態を自動認識する「AI道路管理支援システム」のプロトタイプを開発。圧雪やシャーベット状など、異なる雪の状態が混在する複雑な路面状態でも高精度に把握する。雪氷対策作業の効率化、交通事故の低減などへの応用を見込む。(2019/2/13)

台風の影響は限定的:
サクラの開花時期、19年は例年通り 最速は東京の3月18日
ウェザーニューズが19年のサクラの開花時期予想を発表。最も開花が早いのは東京都(3月18日)で、その後各地に広がっていく見込み。東北地方は4月上旬〜下旬、北海道は4月下旬〜5月中旬に開花するとみられる。(2019/1/16)

道路管理:
ウェザーニューズが日本初の実用化を目指す、“Raspberry Pi”を使ったAI動画解析の道路管理システム
ウェザーニューズは、AIによるリアルタイム動画解析で路面状況を確認する「AI道路管理支援システム」を2019年夏までの実用化を目指している。道路管理者向けに、リアルタイム解析が実用化されると、日本初の取り組みとなる。システムの端末には、安価な“Raspberry Pi”を採用し、AI解析にはオープンソースの“OpenCV”を用いるなど、低コストでの導入・運用が可能なこともこのシステムの特長だ。(2019/1/8)

初日の出の時刻、位置情報で予測 ウェザーニューズのスマホアプリ
ウェザーニューズがスマートフォンアプリで初日の出の情報を公開。ユーザーの位置情報を基にした時刻予測も行う。(2018/12/26)

路面凍結や道路のひび割れ、AIで発見 ウェザーニューズが来年夏に実用化
ウェザーニューズが車載カメラの映像をAI(人工知能)が分析し、路面の凍結や損傷を検知する「AI道路管理支援システム」を2019年夏までに実用化すると発表した。(2018/12/21)

AI動画解析で路面の積雪、凍結、損傷をリアルタイム検知――ウェザーニューズが実用化に向けた実証実験へ
ウェザーニューズは、車載カメラの映像から積雪、凍結、損傷などの路面状況をリアルタイムで自動検知する「AI道路管理支援システム」の実証実験を開始。2019年夏までの実用化をめどに、冬季間、路面凍結や積雪の把握、白線検知などの有用性を検証する。(2018/12/21)

ドローン飛ばすと危ない“荒天エリア”、最小限の動きで回避 ウェザーニューズとKDDIが新気象予測システム
ドローン向けのピンポイント気象予測システムをウェザーニューズとKDDIが開発した。(2018/11/16)

高高度、厳しい山岳気象に耐える“タフネスドローン”で遭難者を早期発見――KDDIら、富士山で実証に成功
KDDIは、ヤマップ、ウェザーニューズと共同で、4G LTE対応ドローンを活用した山岳救助の支援システムを開発。3000メートル級の高高度や山岳の厳しい気象環境でも飛行可能なドローンで遭難者を捜索する。2019年の富士山登山シーズンに実用化を目指す。(2018/11/16)

6年ぶりの大量飛散:
来春の花粉は今年の2.7倍に 6年ぶりの大量飛散
ウェザーニューズの予想によると、花粉飛散量が少なかった2018年に対し、2019年は2.7倍に達する見込み。夏の猛暑により、スギやヒノキ花粉の発生源である雄花の生育が活発だったため。特に東日本を中心に大量飛散の恐れがある。(2018/10/1)

AIで世界の降水分布を高精度に予測 大雨災害多発エリアの被害軽減へ――“ウェザーニューズ×NVIDIA”の共同プロジェクトが始動
ウェザーニューズは、米NVIDIAと連携し、世界の雨の状況を高精度に可視化、予測するAIプロジェクトを開始する。NVIDIAのAIスーパーコンピュータとディープラーニング技術を活用し、高精度を誇る日本の気象衛星画像と雨雲レーダー画像を教師データとして用いる。(2018/9/19)

ウェザーニューズ、5分ごとの天気予報可能に 「西日本復旧のお役に立てたら」
ウェザーニューズは、1時間先の天気が5分ごとに分かる「5分天気予報」の提供を始めた。10分ごとに予報する「10分天気予報」の上位版。(2018/7/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。