ニュース
» 2009年07月30日 18時44分 公開

日々是遊戯:たぶん誰でも持ってる「あの文房具」で作られたドット絵シューティング

フィンランドのインディーズゲーム作者、Petri Purho氏が先日公開した、フリーのシューティングゲームがちょっと面白い。さて、このゲームの開発に使われた「あの文房具」とは?

[池谷勇人,ITmedia]

ポスト・イットの可能性は無限大です

 どこにでもペタッと貼れて、いらなくなったらすぐ剥がせる――。ポスト・イット、便利ですよね。たぶん机の引き出しに、誰でも1個(1束?)は入ってるんじゃないでしょうか。

ストップモーションのような、独特のグラフィック

 そんなポスト・イットを意外な用途で使っているのが、こちらの「Post I.T. Shooter」というフリーゲーム。フィンランドのインディーズゲーム作者、Petri Purho氏が先日公開したもので、画面を構成するドットのかわりに、ポストイットを敷き詰めて背景やキャラクターを表現しているのが特徴です。

 内容は次々現れるインベーダーをショットで撃って倒していくだけのシンプルなものですが、ストップモーションムービーのようなグラフィックを自分で動かせるのはかなり新鮮。これまでにもポストイットを使った映像作品などはありましたが、ゲームとして動かせるのはこれが初めてではないでしょうか。

 操作は方向キーで自機の移動、スペースキーでショットの発射となっています。インベーダーたちはショットが当たるとちゃんとそこから崩れていき、中央にある「目」のような白い部分にショットが当たれば倒せる仕組み。敵によっては「目」がやたら小さかったり、ぶ厚い壁に守られていて、ある程度掘り進まないと「目」にショット届かなかったりと、けっこうゲームとしても考えられています。手や足の部分をいくら撃っても、暴れるだけでかえって倒しにくくなってしまうので、なるべく「目」の部分だけをうまく狙っていった方が倒しやすいみたいですね。


次々現れるインベーダーたちはランダム生成だそう
目のような白い部分がインベーダーのコア
コアにショットが当たれば、画面を覆い尽くすような大爆発が!

 ちなみに本作、7日間という期限の中で、どれだけテーマに沿ったゲームを開発できるか競う「Experimental Gameplay Project」というイベントに参加するため作られたものだそう。YouTubeには作者自身によるメイキング動画も投稿されていますので、興味がある人はこちらもぜひ目を通してみてください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -