ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ゲーム開発」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ゲーム開発」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

香川県のネット・ゲーム規制条例案、事業者にも自主規制求める文面 eスポーツの活発化にも言及
香川県のネット・ゲーム依存症対策条例案に、ゲーム開発者や通信事業者に向けた項目があると一部で話題になっている。同県はゲーム開発事業者などに依存性のあるゲームについては自主的に規制するよう求めるとしている。(2020/1/22)

コーエーテクモゲームス、「真・三國無双」「信長の野望」「三國志」等のコンテンツをWeb広告に無断使用した中国企業提訴
コーエー側は「当社ゲームの開発に携わるすべての関係者の努力を踏みにじるもの」とコメント。(2020/1/18)

「ベヨネッタ」開発元のプラチナゲームズ、中国Tencentと資本提携 経営基盤を強化も「自主性に変化はない」
プラチナゲームズが中国Tencent Holdingsと資本提携。経営基盤を強化する他、ゲーム開発だけでなく自社タイトルのパブリッシング事業にも取り組むという。(2020/1/7)

マシリトが行く!【中編】:
「これさぁ、悪いんだけど、捨ててくれる?」――『ジャンプ』伝説の編集長が、数億円を費やした『ドラゴンボールのゲーム事業』を容赦なく“ボツ”にした真相
鳥山明氏の『DRAGON BALL(ドラゴンボール)』の担当編集者だったマシリトこと鳥嶋和彦氏はかつて、同作のビデオゲームを開発していたバンダイに対して、数億円の予算を投じたゲーム開発をいったん中止させた。それはいったいなぜなのか。そしてそのとき、ゲーム会社と原作元の間にはどのような考え方の違いがあったのか。“ボツ”にした経緯と真相をお届けする。(2019/12/5)

すみだ・京都水族館、“リア充向け”恋愛ゲーム開発 ネットで話題「恋愛相談の飼育員」が監修
すみだ水族館と京都水族館が、カップル向けの恋愛シミュレーションゲームを12月13日から提供。クリスマスや冬休みシーズンの集客が狙い。(2019/12/5)

マシリトが行く!【前編】:
『ジャンプ』伝説の編集長が、『ドラゴンボール』のゲーム化で断ち切った「クソゲーを生む悪循環」
『ドラゴンボール』の担当編集者だったマシリトはかつて、同作のビデオゲームを開発していたバンダイのプロデューサーに対して、数億円の予算を投じたそのゲーム開発をいったん中止させるという、強烈なダメ出しをした。ゲーム会社と原作元の間にはどのような考え方の違いがあったのか。「クソゲーを生む悪循環」をいかにして断ち切ったのか?(2019/12/4)

東京ガスがゲーム会社と共同でスマホ恋愛ゲームを開発 テーマは風呂
東京ガスが、スマートフォンを使った恋愛ゲームのサービスを始めると発表した。ゲーム関連会社と協力して開発する。大手エネルギー事業者が恋愛ゲームに参入するのは初めて。(2019/11/20)

PR:マウスコンピューターが「Unity推奨PC」で学校や教育機関を支援する理由
ゲーム開発の統合環境を提供するUnityとマウスコンピューターがタッグを組み、「Unity推奨PC」を販売する。新たな取り組みにかける思いや狙い、そこに至った経緯などを両社に聞いた。(2019/10/29)

美少女ゲームレーベル「feng」運営のホワイトローズが破産 「あかね色に染まる坂」など人気
ゲームメーカーのホワイトローズが、9月30日に千葉地裁から破産開始決定を受けた。同社は「feng」(フォン)のレーベル名で美少女ゲームを開発していた。「あかね色に染まる坂」などがアニメ化され話題となったが、近年は業績が低迷していた。(2019/10/18)

マウス、「Unity」推奨のゲーム開発向けPCを発売
マウスコンピューターは、ゲームエンジン「Unity」の動作検証済みPCの販売を開始した。(2019/9/20)

勤務先がつぶれた“30代無職”が、インディーゲーム開発で成功をつかむまで
ゲーム開発者の佐藤大悟さんは、勤務先だったゲーム会社がつぶれ、30代で無職に。「自分がやりたいことは何か」を考え直し、モバイル向けインディーゲーム開発者として生きる道を選んだ。(2019/9/5)

TYPE-MOONが新スタジオ「TYPE-MOON studio BB」設立 世界観をさらに拡張するゲームの開発へ
スタジオディレクターに「Fate/EXTRA」の新納一哉さんが就任。(2019/8/31)

SIE、PS4「スパイダーマン」の開発元・Insomniac Gamesを買収へ
SIEは8月20日、PlayStation 4向けヒットゲーム「Marvel's Spider-Man」などを手掛けた米ゲームメーカーのInsomniac Gamesの全てを買収すると発表した。買収を通じ、オープンワールドでストーリー性を重視したゲーム開発を強化するとしている。(2019/8/20)

Google、“3Dゲーム開発ゲーム”「Game Builder」をMacとWindows向けにリリース
Googleが、コーディングの知識がなくてもオンラインゲームを開発できるゲーム「Game Builder」をSteamで無料公開した。MacおよびWindowsで遊べる。(2019/6/14)

新卒無職:
SNSアプリ制作→赤字、iOSアプリ制作で起業→もうからない――プロダクト開発に心血を注いだエンジニアの「うまくいかなかった」経験の評価
就職活動もアプリ作りもうまくいかず、それでも開発経験を買われてソーシャルゲーム開発会社に入社できた。自主制作アプリの事業化はうまくいかなかったが、今は名刺アプリ「Eight」iOS版のエンジニアリングマネジャー。人生はどこからでも軌道修正できるんだ。(2019/5/23)

RPGのマップやパラメータがビッシリ! ゲーム開発者が幼少期に書いた設定ノートが熱量すごい
三つ子の魂百まで。(2019/5/20)

Apple、ウォーレン・バフェット氏のゲームを開発
Apple開発のゲームアプリ「Warren Buffett's Paper Wizard」がリリースされた。(2019/5/9)

「剣と魔法のログレス」開発元、約40人の早期退職者募集 スマホゲーム競争激化で収益減
ゲーム開発のAimingが早期退職者を約40人募集すると発表。「剣と魔法のログレス」シリーズなどの人気作を手掛けてきたが、開発競争の激化に伴う収益減が続いていた。責任を取り、常勤取締役と一部管理職は役員報酬を5〜7月にかけて減額する。(2019/5/7)

【追記あり】アプリを出したらポルシェが飛んできた VTuberのリリース祝いに騒然
VTuber「バーチャル界隈ではポルシェを贈るのは挨拶のようなもの」 【5月14日追記:ゲーム開発者とVTuberが同一人物だったことが本人より明かされたため、記事にその旨を追記しました】(2019/5/5)

チーム開発も可能:
オンラインコーディング環境「Repl.it」、ネイティブGUIアプリやゲーム開発が可能に
オンラインコーディングプラットフォーム「Repl.it」は、ネイティブGUIアプリケーションとゲーム開発が可能になったと発表した。(2019/4/1)

「牧場物語」モバイル版、中国Tencentが開発へ マーベラスと契約
マーベラスは3月28日、シミュレーションゲーム「牧場物語」のモバイル展開について、中国Tencent Gamesとライセンス契約を結んだと発表した。マーベラスが素材を提供し、Tencentがゲームの開発・配信・運営を担当する。(2019/3/28)

Googleのゲームストリーミング「STADIA」は、ハードメーカーを“喰らう”のか
Googleが発表したゲームストリーミングサービス「STADIA」が、ゲームファン、ゲーム開発者に衝撃を与えている。ネット上では「ハードメーカーが影響を受けるのではないか」といった声も。(2019/3/20)

ブラウザに4K、60fpsでストリーミング:
Googleがゲームストリーミングの「Stadia」発表、「データセンターがプラットフォームだ」
Googleは2019年3月19日(米国時間)、ゲーム開発者向けのカンファレンスで、新たなゲームストリーミングプラットフォーム「Stadia」を発表した。同社のデータセンターとネットワークを最大限に活用している。(2019/3/20)

新ゲームハード「Mad Box(仮)」、イギリスのゲーム開発会社が発表 性能はゲーミングPCに匹敵?
2022年までの発売が目標とされています。(2019/1/8)

「フォートナイト」のEpic Games、クロスプラットフォームゲームSDKを無償公開へ
オンラインゲーム「フォートナイト」を手掛けるEpic Gamesが、フォートナイトでも採用するクロスプラットフォーム技術を含むSDKをゲーム開発者に無償で提供する。同社は独自のゲームストアをオープンしたばかりだ。(2018/12/13)

からあげクンとFF XIVがコラボ ゲーム開発部が監修した「リミットブレイク」フレーバーが限定発売
モーグリのパッケージが目印。(2018/12/7)

ゲーム制作で12書体が年額4800円で使える インディー&同人ゲーム開発向けのフォントサービス「mojimo-game」登場
ゲームエンジンへの組み込みや宣伝も使用OK。ゲームクリエイターには良心的すぎる……!(2018/12/6)

仮想世界の都市、AIが自動生成 ゲーム開発のコスト軽減 NVIDIAが新技術
米NVIDIAが、現実世界の映像を学習させたAIに、都市の3Dモデルを自動生成させる技術を公開。(2018/12/4)

無償の自動作曲ツールも
AIによる作曲はゲームに新たな命を吹き込むのか?
インディーズのゲーム開発者は、プロシージャル生成を活用してゲームにさまざまな要素を組み込んでいる。その世界にAIが生み出す音楽が加われば、活気に満ちた現実のような世界を作り出せるかもしれない。(2018/12/3)

「メダロット」スマホゲーム開発へ 21周年で新展開
1997年にゲームボーイ向けソフトとして発売された「メダロット」初となるスマートフォン向けゲームが開発される。(2018/11/28)

【木村祥朗×堀井直樹×なる×ZUN】「BLACK BIRD」爆誕祭 なぜゲーム開発者はシューティングを作りたがるのか、「原点にして究極」と語るその魅力
「moon」「Million Onion Hotel」などを手掛けてきた木村祥朗さん(Onion Games)の最新作がなぜシューティングなのか。「BLACK BIRD」開発のきっかけや、シューティングというジャンルの魅力について語ってもらいました。(2018/11/9)

ジョイントベンチャーも設立:
グリーと中国「ビリビリ動画」運営元が提携 ゲーム開発・VTuber事業で協力
グリーと中国Bilibiliが業務提携。12月に合弁会社を設立し、スマホゲームアプリを共同開発していく。「VTuber」事業でも協業し、配信でも連携する。(2018/10/30)

ディープラーニングで学習した麻雀AI搭載のゲーム Switchで発売
麻雀ゲームを開発するアンバランスが、ディープラーニングで学習した麻雀AIを搭載するゲームをNintendo Switch向けに発売する。(2018/10/11)

東京ゲームショウ2018:
「操作が難しいなら投げればいい」 前代未聞の“コントローラーを実際に投げるVRゲーム”登場
VRアトラクションの企画・制作をするハシラスが、実際にコントローラーを投げて遊ぶVRゲームを開発した。(2018/9/20)

欧米のギャンブル規制当局、ルートボックスに関する共同声明を発表 「賭博とゲームのぼやけた境界線に懸念」
この宣言を機に、ゲーム開発者と建設的な対話ができると期待しているとのこと。(2018/9/18)

PR:「Endeavor Pro5900 ゲーム開発Select」をプロクリエイターはどう見るか? キャラクターモデリングのスペシャリストが体験
有名ゲームタイトルのキャラクターモデリングを手掛けるプロ集団「Studio GUFFAW」にエプソンダイレクトの「Endeavor Pro5900 ゲーム開発Select」を使ってもらい、率直な感想を聞いた。(2018/8/27)

CEDEC 2018:
浴衣のカノジョと“恋人つなぎ” VRとマネキンで平成最後の夏をかみしめた
「女の子と手をつないで縁日にデートする」――そんな体験ができるVR(仮想現実)コンテンツ「縁 Yukari」が、ゲーム開発者イベント「CEDEC 2018に出展された。(2018/8/25)

CEDEC 2018:
ブランコから靴を飛ばして宇宙人を倒せ 懐かしい「靴飛ばしVR」
子供の頃やった「靴飛ばし」をVRで体験できるゲームを、グリーがゲーム開発者イベント「CEDEC 2018」に出展している。(2018/8/24)

かつての勢いは……:
恋愛ゲームのボルテージ、13億円の最終赤字に転落 「恋愛ドラマアプリ」不調
恋愛ゲーム開発のボルテージが、13億円の最終赤字に転落。広告投資に見合った収益を得られなかったため。日本人女性向けの「恋愛ドラマアプリ」が不調だった。(2018/8/14)

ポケモンGOのNiantic野村氏に聞く 東京でゲームを開発することに決めた理由
世界的なポケモンGOブームを巻き起こした米Nianticが、今なぜ東京に新しい開発拠点「Tokyo Studio」を設立したのか。スタジオの代表であり、ポケモンGOの生みの親でもある野村達雄氏に話を聞いた。(2018/8/13)

「ポケモンGO」はより現実に溶け込んでいく AIと共有技術で世界をプラットフォーム化するNianticの戦略
「ポケモンGO」をはじめとする世界規模の位置情報ゲーム開発で知られるNiantic。同社の位置情報やARの技術革新、そしてそれらを活用したプラットフォーム戦略とは?(2018/6/29)

「穴になる」というコンセプトが酷似 人気沸騰中のゲーム「Hole.io」にインディーゲーム開発者から“アイデアを盗られた”と嘆きの声
「Donut County」と「Hole.io」のコンセプトが酷似している。(2018/6/27)

Unityはインフラを全てGoogle Cloudに移行:
GoogleとUnityが戦略的提携、コネクテッドゲーム開発を強力に支援
Googleとゲームエンジン大手のUnityが、ゲーム開発を容易にすることを目的とした戦略的提携を結んだ。(2018/6/21)

Googleとゲーム開発のUnityが戦略的提携 リアルタイムマルチプレーヤーゲーム開発者支援
Googleがゲーム開発のUnity Technologiesとゲーム開発者支援で提携した。リアルタイムマルチプレーヤーゲーム開発ツールを共同開発する他、Unityの開発者は開発環境から直接Google Cloudが利用できるようになり、Unity自身も自社インフラをGoogle Cloudに移行する。(2018/6/20)

またか! 海外でスーパーファミコンの新作ゲームが発売決定 ゲーム開発のブラックな現状をゲーム化
売上は全額、非営利慈善団体へと寄付されます。(2018/5/12)

KLabが第三者割当を引き受け:
アクセルマークとKLabが資本・業務提携 「幽遊白書」ゲームなど共同開発
アクセルマークとKLabが資本・業務提携を締結。役割分担しながらゲームを共同制作していく。現在はアクセルマーク子会社とKLabが、人気コミック「幽☆遊☆白書」のバトルゲームを開発中。(2018/3/28)

Magic Leap、MRメガネ向けSDKをリリース UnityおよびUnreal Engineで開発可能に
MR(複合現実)プラットフォームのMagic Leapが、UnityおよびUnreal EngineでMRゲームを開発できる「Creator Portal」とSDKのテクニカルプレビューを公開した。(2018/3/20)

世界200カ国以上の1億超の3Dデータをゲーム世界構築に利用できる:
世界中の実際の場所が“ゲーム”に――「Google Maps API」を使って世界をモデルにしたAR対応のゲーム開発が可能に
ゲームエンジン「Unity」で「Google Maps API」を使って、Googleマップの豊富なデータを利用した“リアルワールドゲーム”を開発できるようになった。(2018/3/16)

GoogleマップのAPI、ゲーム開発者に提供 リアルワールドゲームが作れる
既に現実世界で恐竜を探すゲームなどが開発されています。(2018/3/15)

ゲームショップ「ゲームズマーヤ」が4月で閉店 ゲーム開発者も一目置く名店が35年の歴史に幕
理由は店長の体調不良。長年お疲れ様でした。(2018/3/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。