ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

「Facebook」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Facebook決算、「Appleの影響で」予想を下回る売上高 リーク文書による批判記事は「虚偽を描いている」とCEO
Facebookの7〜9月期決算は、売上高も純利益も2桁増ではあったが、AppleのiOS変更の影響で売上高は予想を下回った。第4四半期からはメタバース関連を別セグメントで報告する計画も発表した。(2021/10/26)

Facebookに新たな内部告発者 ホーゲン氏持ち出し文書をめぐっては米大手メディアが結束
Facebookの内部告発者フランシス・ホーゲン氏が持ち出した内部文書を米メディア17社以上が共有し、集中的に報じる「The Facebook Papers」がスタートした。また、ホーゲン氏に続く新たな告発者がSECに内部告発宣誓供述書を提出した。(2021/10/25)

利用者急増のロシア発通信アプリ「Telegram」使ってみた 秘匿性高く悪用の懸念も受け皿の一つに
FacebookやInstagram、WhatsAppで大規模障害が発生した際、約7000万人のユーザーを獲得したのがロシア発のTelegramだ。秘匿性が高いため悪用を懸念する声もあるが、専門家は「LINEに問題があれば受け皿となる可能性もある」との見方を示す。(2021/10/22)

トランプ前大統領、新SNS「TRUTH Social」立ち上げを発表 iPhoneアプリ予約受付中
Twitter、Facebook、Instagram、YouTubeなどから締め出されているトランプ前米大統領が新たなSNSを立ち上げる。「TRUTH Social」は「ビッグテックの専制政治に立ち向かうために」立ち上げたとトランプ氏。App Storeで専用アプリも公開した。(2021/10/21)

Facebook、メタバース人材を欧州で1万人雇用する計画
メタバース構築に注力するFacebookは、欧州でメタバース関連の人材を1万人採用する計画を発表した。メタバース構築計画の中心を欧州に置くとしている。(2021/10/18)

分かりやすい詐欺に引っ掛かったがリカバーした話
Facebook広告の詐欺商品に引っ掛かってしまった小寺信良さんはどう対応したか。(2021/10/18)

Facebook、次世代AI「Ego4D」開発用一人称視点動画を世界で2200時間分収集
Facebookは次世代AI研究プロジェクト「Ego4D」を発表した。世界9カ国の855人が撮影した一人称視点の動画データセットを使い、「人間と同じ様に一人称視点で世界を理解し、世界と関わるAI」を開発する。(2021/10/15)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うのでしょうか。(2021/10/15)

Facebookのメタバース用ヘッドセットのプロトタイプをCEOと次期CTOが披露
Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOは“retina解像度”のプロトタイプヘッドセットを装着する画像を披露した。次期CTOのアンドリュー・ボスワース氏も別の2つのモデルのヘッドセット画像をツイートした。ボスワース氏は「「メタバースを支えるテクノロジー」としている。(2021/10/14)

Facebook、著名人への性的嫌がらせを禁止するポリシー改定
「ユーザーの安全より自社の利益を優先している」と批判されているFacebookが「いじめと嫌がらせ」についてのポリシーを更新した。これにより公人・著名人に対する「深刻な性的コンテンツ」を削除する。ポリシーに違反していなくても場合によっては対象になる。(2021/10/14)

Facebook告発者のホーゲン氏、英議会とFacebookの「監督委員会」にも説明へ
Facebookの内部告発者、フランシス・ホーゲン氏が英議会委員会の公聴会に招かれた。Facebookの外部組織「監督委員会」でも証言する見込みだ。同氏はFacebookはユーザーの安全より自社の利益を優先していると批判している。(2021/10/12)

InstagramとFacebookでまた障害発生(約2時間で復旧)
Facebook、Instagram、WhatsApp、Messengerでまた障害が発生。Facebookが公式ツイートで対応中と告知した1時間後にはほぼ復旧した。(2021/10/9)

Facebook、“次の10億人”接続のためのケーブル敷設ロボット「Bombyx」を披露
世界中の人々をつなげることを目標に掲げるFacebookが、「次の10億人」に高速ネットを提供するための光ファイバー敷設ロボット「Bombyx」を披露。既存の電線に黙々とファイバーを巻きつけていく。(2021/10/8)

Facebook、メタバースから企業名を廃し「Horizon Worlds」に 1000万ドルのファンドも立ち上げ
Facebookが2019年に発表したメタバースプラットフォーム「Facebook Horizon」を「Horizon Worlds」に改称した。クリエイター育成のための約11億ドルのファンドを立ち上げ、Horizon向けアプリのOculusストアでの公開を促進する。(2021/10/8)

Facebook、約6時間にわたる障害の原因と対策を詳解
Facebookは10月4日の約6時間にわたる全社サービスの停止の原因と復旧について説明した。コマンド発行ミスに監査ツールのバグが重なった。システム停止でデータセンターに物理的に入るのにも時間がかかったという。(2021/10/6)

FacebookのザッカーバーグCEO「データを捻じ曲げて利用されてがっかり」という全社書簡を公開
FacebookのザッカーバーグCEOが内部告発者の公聴会の後、その内容を批判する全社宛メッセージを公開した。WSJの一連の記事や証言は「データを捻じ曲げて利用した結果」だと主張した。(2021/10/6)

Facebook内部告発者、「ユーザーの安全より利益優先する体質には規制が必要」と公聴会で語る
Facebookの内部告発者、フランシス・ホーゲン氏が上院小委員会の公聴会で証言した。「Facebookは常に自身の利益をユーザーの安全より優先してきた」と発言。Facebookからユーザーを守るための幾つかの提言を行った。(2021/10/6)

Facebookサービス停止の裏側、Cloudflareが見た世界
Facebookが約5時間半に渡ってアクセス不能に陥った。CDN大手のCloudflareがこの事件の成り行きをBGPデータから分析し、サービス停止の様子を詳細に伝えている。(2021/10/5)

Facebook、約6時間にわたる障害について謝罪「原因はコンフィグ変更時のミス」
Facebookが約6時間にわたってFacebook、Instagram、Facebook Messenger、WhatsApp、Oculusが使えなくなったことについて謝罪し、原因はバックボーンルータのコンフィグ変更ミスだと説明。「コンフィグ変更の誤りであると考えていることを明確にしておきたい」。(2021/10/5)

Facebookで一時障害、InstagramやOculusなどもアクセスできず 現在は復旧
10月5日の未明から朝にかけ発生していました。(2021/10/5)

Twitter、Facebookダウンの影響で一時繋がりにくく(解決済み)
Facebook、Instagram、WhatsAppなどがダウンする中、Twitterへのアクセスが急増した。Twitter公式は「文字通りすべてのみなさん、こんにちは」とツイート。Twitterでも一時問題が発生したが、現在は復旧している。(2021/10/5)

FacebookのInstagramを含むすべてのサービスに障害 社内でのBGP更新が原因と専門家【復旧済み】
Facebookの一連のサービスが日本時間の10月5日午前0時40分ごろからグローバルでダウンしている。Facebook、Instagram、Facebook Messenger、WhatsApp、Oculusにログインできない状態だ。専門家はFacebook社内でBGP(Border Gateway Protocol)レコードが更新されたことが原因と指摘する。(2021/10/5)

Facebookの問題データをWSJに提供した内部告発者、テレビ出演
Facebookに対する一連の“WSJ砲”の基になるデータをリークした内部告発者がインタビュー番組に出演した。フランシス・ホーゲン氏は何万ページものデータを密かにコピーし、退社した。5日には議会の公聴会で証言する。(2021/10/4)

Facebook幹部、“WSJ砲”関連公聴会でほとんど回答せず 10月5日には内部告発者召喚の公聴会
米上院の小委員会はFacebookとInstagramが若者のメンタルヘルスに与える害についての公聴会を開いた。召喚されたFacebook幹部は「害よりも益が多い」と主張し、議員らの要請を受け流した。(2021/10/1)

Facebook、InstagramとMessengerのクロスグループチャットを可能に
Facebook MessengerとInstagramを横断してのグループチャットが可能になった。投票機能も使える。(2021/10/1)

WSJ、Facebookが公開しなかった内部資料4件を一般公開
Facebookの内部資料に基づいてInstagramが若者に与える悪影響についての記事を連載しているWall Street Journalが、その内部資料6件をPDFで公開した。その数時間前にFacebookが2件の資料を公開した。この件については議会小委員会がFacebookの幹部を召喚し、公聴会を開く。(2021/9/30)

Facebook、“WSJ砲”ソースの内部資料を注釈付きで公開
Facebookは、Instagramが若者に与える影響についての内部調査資料を一般に公開した。各スライドには細かい注釈が追加されている。この資料は同日、議会にも提出された。(2021/9/30)

Facebookの幹部、“WSJ砲”が引用している内部調査データを公開すると発言
Faceookの幹部、ニック・クレッグ氏は、Wall Street Journalによる一連のFacebook批判記事のソースとなっている内部データを近日中に一般公開すると語った。(2021/9/29)

息子困惑 Facebookの「いいね」付箋を「よくないね」付箋として家中に貼る母の発想に脱帽
手厳しい指摘。手だけに。(2021/9/29)

Facebook、「メタバース」開発に向け55億円を投資 「実現には10〜15年」
米Facebookが、他者と交流できる仮想空間「メタバース」の開発に2年間で約55億円投資すると発表した。メタバースは今後15年以内に実現すると見込む。(2021/9/28)

TikTokのMAUが10億人超え
中国ByteDance傘下の米TikTokの月間アクティブユーザー数(MAU)が10億人を超えた。昨年夏時点では7000万人だった。ちなみにFacebookの第2四半期のMAUは27億人以上だった。(2021/9/28)

Facebook、13歳未満向けInstagram計画を一時停止 “WSJ砲”受け
Facebookは13歳未満向けのInstagramを計画していたが、一時停止すると発表した。Instagramの若者への影響についての内部研究に基づくWall Street Journalの記事で批判が高まったことを受けての決定だ。同社はこの記事を認めてはいない。(2021/9/28)

Facebook、「下位に表示されるコンテンツタイプ」サイト開設
Facebookが、削除はしないが表示機会を減らす投稿のタイプを説明するサイト「下位に表示されるコンテンツタイプ」を開設した。29タイプの投稿について説明している。(2021/9/24)

FacebookのシュローファーCTO退任へ AR/VR責任者の“ボズ”が後任に
Facebookのマイク・シュローファーCTO(最高技術責任者)が来年退任する。初代「シニアフェロー」としてパートタイムになる。後任はAR/VR責任者のボズことアンドリュー・ボスワース氏。(2021/9/23)

Innovative Tech:
顔の動きをリアルアバターで忠実に再現 Facebookなどがマーカーレス技術開発
マーカーレスでありながら顔のパーツを忠実に再現する。(2021/9/22)

Facebook、一連の「問題放置体質」“WSJ砲”は「単なる誤り」と反撃
Wall Street Journalが入手したFacebookの内部文書に基づいて、同社の問題体質についての記事を連続で公開。Facebookが内部調査結果が自身にとって不利な場合はその結果を無視していると批判した。Facebookの幹部はこれに対し、「単なる誤り」と反論した。(2021/9/19)

Instagramのトップ、SNSを車に例えて炎上「車の事故で死者は出るが破壊より多くの価値をもたらす」
FacebookでInstagramのトップを務めるアダム・モッセーリ氏がPodcastでSNSの功罪を車に例え、物議を醸している。「車の事故で死者は出るが破壊より多くの価値をもたらす。SNSも似ている」というものだ。同氏はこの例えは「完璧ではなかった」とツイートした。(2021/9/17)

Instagramは多くの若者にとって有害との内部調査結果をWSJが暴露
Wall Street Journalが、「FacebookはInstagramが若者にとって有害だと知っていたことが社内文書で明らかに」という記事を掲載。これに対しInstagramは調査の一部をネガティブに紹介していると反論し、対策していると主張した。(2021/9/15)

Facebookのメタバース「Horizon Workrooms」で「Zoom Whiteboard」が利用可能に
Facebookのメタバース「Horizon Workrooms」からZoom会議に参加し、「Zoom Whiteboard」にQuest 2のコントローラーで書き込めるようになる。FacebookとZoomの提携で来年実現する。(2021/9/14)

Zoom、30カ国語の字幕やFacebookのVR会議対応など多数の新機能
Zoomが今後数週間から数カ月中に提供する多数の新機能を発表した。自動字幕や自動翻訳、Facebookのメタバースでも使えるホワイトボードなど。ハイブリッドワーク向けの機能もある。(2021/9/14)

視界をキャプチャして画像や動画にできるスマートグラス「Ray-Ban Stories」登場 Facebookが一部地域で販売へ
フレーム両端にカメラを搭載。(2021/9/10)

米Facebook、動画撮影なども可能なスマートグラス「Ray-Ban Stories」を発表 日本での取り扱いは未定
米Facebookは、同社第1世代モデルとなるスマートグラス「Ray-Ban Stories」の発表を行った。(2021/9/10)

Facebookのスマートグラス「Ray-Ban Stories」発売 299ドルから
FacebookはRay-Banと共同開発したスマートグラス「Ray-Ban Stories」を発表した。北米などで発売した。価格は299ドル(約3万3000円)から。写真や動画の撮影、通話などができるが、AR機能は搭載しない。(2021/9/10)

Twitter、Redditのサブレディットのような「Communities」のテスト開始
Twitterが2月に予告した「Communities」のテストを一部のユーザーを対象に開始した。RedditのサブレディットやFacebookグループのような、特定のトピックについて会話するための機能だ。(2021/9/9)

FacebookとRay-Ban、スマートグラスを9月9日に発表 ザッカーバーグCEOは動画を公開
Facebookが数年前からRay-Banと共同開発しているスマートグラスの第一弾が9月9日に披露されるようだ。ザッカーバーグCEOはこのスマートグラスで撮影したとみられる一人称視点の音声付き動画を公開した。(2021/9/8)

Facebook傘下のWhatsAppにGDPR違反でアイルランドが約293億円の制裁金
Facebook傘下のWhatsAppがEUの一般データ保護規則(GDPR)に違反したとして、アイルランドが2億2500万ユーロ(約293億円)の制裁金を科すと発表した。GDPRの制裁金としては7月のAmazonに次ぐ高額さだ。(2021/9/3)

700種類以上のシーンや4コママンガから素材使い放題:
マンガ風クリエイティブを作成可能なクラウドサービス シンフィールドと日立ソリューションズが共同開発
簡単な質問に答えるだけでマンガ風広告素材がレコメンドされる「マンガフィールド」を提供。作った素材はFacebook、Twitter、InstagramなどのSNSやバナー広告などですぐに利用可能。(2021/9/2)

Facebook日本版に「レストラン予約機能」 飲食店ページに「予約」ボタン表示
Facebook日本版に「レストラン予約機能」追加。飲食店は、自身のページに「席を予約する」ボタンを表示できる。(2021/8/26)

Facebook Messenger、10周年で投票ゲームなどの新機能追加
Facebookのメッセージんgサービス「Facebook Messenger」が10周年を迎えた。これを記念して、誕生日ARエフェクトやスタンプパックを提供。米国では誕生日に現金をプレゼントする機能も追加する。(2021/8/26)

Instagram、ショッピング用ページで広告表示
米Facebook傘下のInstagramが、企業の商品などを紹介する「ショップ」ページで広告の掲出を始めた。すでに買い物を楽しむ気分になっているユーザーに商品を訴求できるようにするという。(2021/8/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。