ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

「Facebook」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

世界を読み解くニュース・サロン:
民間企業が主導した、トランプ大統領「ネット追放劇」に見る“権限”とリスク
TwitterやFacebookがトランプ大統領のアカウントを次々と停止。民間企業が大統領の口封じをする権利があるのか、と議論になった。SNSのルール上、暴動につながる発信は許容できないようだ。ただ、サービス提供者が人々の生活や権利に及ぼす影響がますます大きくなっていることは知っておくべきだ。(2021/1/14)

Parler停止のAWSとトランプ氏アカウント凍結のFacebook、報復に警戒するよう従業員に通達
保守派の集うSNS「Parler」を停止に追い込んだAWSと、トランプ米大統領のアカウントを永久凍結したFacebookがそれぞれ、報復に警戒するよう従業員に通達した。(2021/1/13)

トランプ大統領のTwitterアカウントが永久凍結 「さらなる暴力扇動の可能性があるため」
Facebook、Instagramアカウントも停止されています。(2021/1/9)

YouTubeとTwitchもトランプ大統領の公式チャンネルを停止
Twitter、Facebook、Instagramに続き、Google傘下のYouTubeとAmazon.com傘下のTwitchもトランプ大統領の公式チャンネルを停止した。6日の議事堂への支持者乱入を容認する動画投稿を受け、Twitchは「さらなる暴力を扇動するために使用されるのを防ぐため」としている。(2021/1/8)

トランプ大統領のFacebookページとInstagramアカウントも停止に
Twitterに続き、FacebookとInstagramのトランプ大統領のアカウントも停止された。ザッカーバーグCEOは「大統領によるわれわれのサービス使用を許可するリスクは大きすぎる」と語った。(2021/1/8)

Facebook、ページでの「いいね」を廃止し、「フォロー」に一本化へ
Facebookページのデザインが大幅に刷新される。これまで「いいね」と「フォロー」があったのが「フォロー」に一本化される他、専用ニュースフィードやQ&Aフォーマットが追加される。(2021/1/7)

Twitter、ドナルド・トランプ大統領のアカウントをついにロック Facebookも
TwitterとFacebookはそれぞれ、ドナルド・トランプ米大統領のアカウントをロックしたと発表した。同氏支持者が連邦議会議事堂に侵入した問題で、同氏がこの問題を否定せず「選挙は盗まれた」と主張し続けたことがそれぞれのポリシーに違反したため。(2021/1/7)

Facebookの「スマートグラス」は年内にまずはAR機能抜きで提供開始と幹部
FacebookのAR/VR部門幹部が、Ray-Banとの提携で開発中の「スマートグラス」第一弾を年内にも立ち上げると語った。機能満載だがAR機能はない、としている。同氏は「Quest 2」のMAUが既に初代を超えたとも語った。(2021/1/7)

プレミアムコンテンツ:
Computer Weekly日本語版:なぜかハマる災害復旧の落とし穴
特集は、分かっていても失敗してしまう災害復旧の原因解説、CPU市場動向、GoogleやFacebookの規制に対する疑問の3本。他にWAVファイルに隠されたマルウェア問題、Androidアプリをクラウド化する「Anbox Cloud」、AI事例などの記事をお届けする。(2021/1/7)

ジョージア州上院選挙前、有権者のFacebookの政治報道は選挙広告に押しやられた──The Markup調査
米連邦議会上院の主導権の行方が決まるジョージア州の上院議員選挙までの約1カ月、同州有権者のFacebookは政治広告の表示が急増し、メディアによる関連情報が押しやられていたと、非営利メディアThe Markupが調査結果を発表した。(2021/1/6)

Googleをテキサス州など10州が独禁法違反の疑いで提訴 Facebookと共謀したと主張
テキサス州のパクストン司法長官が、Googleを反競争的行為を理由に提訴したと発表した。同氏は「このインターネットの巨人は、その力を利用して市場を操作し、競争を破壊し、消費者である皆さんに危害を加えた」とツイートした。(2020/12/17)

Facebook、「iOS 14のプライバシー変更から中小企業を守りたい」と新聞全面広告
Facebookが、米主力3紙にAppleのiOS 14でのプライバシー変更から中小企業を守るという全面広告を出した。Appleが来年予定している変更で、アプリは追跡するユーザーデータについてユーザーからの許可を義務付けられる。これは「プライバシーではなくAppleの利益のため」とFacebookは主張する。(2020/12/17)

欧州連合、IT大手を規制する2つの法案を発表 企業買収の事前通知や不適切投稿の迅速な削除を義務付け
欧州委員会は、IT企業を規制する2つの法案「デジタルサービス法」と「デジタル市場法」を発表した。Google、Facebook、Amazon、AppleなどのIT大手が対象になる。(2020/12/16)

ポーランド警察、子猫さんを逮捕 許可なくパトカーに乗り込み、警察業務をスリスリで妨害した疑い 飼い主に名乗り出るようFacebookで呼びかけ
カワイイ罪で確保ー!(2020/12/15)

米当局がFacebookを独禁法違反で提訴 Instagramの売却など求める
違法に独占を維持したとして米連邦取引委員会(FTC)が提訴。(2020/12/10)

Facebookを米FTCと46州が独禁法違反で提訴
FacebookのInstagramとWhatsAppの買収は独禁法に違反する疑いがあるとして、米連邦取引委員会と米国の46の州とワシントンD.C.、グアムの司法長官が、Facebookを提訴した。Facebookは法廷で争う姿勢を示した。(2020/12/10)

ファミリーアプリユーザー数は全世界で32億人に:
Facebook Japanの2020年振り返り コロナ禍で中小ビジネス支援とECシフトに注力
コロナ禍でオンラインのつながりが重要視されるようになった2020年、Facebook Japanはどのような取り組みを行ったのか。オンライン開催された事業戦略説明会における発表から、ビジネス面で注目すべき点を紹介する。(2020/12/8)

Facebook Japan、デジタルリテラシーの教育プログラムを開始 SNSとの向き合い方などを生徒に授業
Facebook JapanがSNSとの向き合い方などデジタルリテラシーの向上を目的にした教育プログラム「みんなのデジタル教室」を始めた。(2020/12/4)

LibraがDiemに名称変更 2021年1月にもローンチか?
Facebookが進めてきた暗号資産のLibraのローンチが秒読みに入ってきたようだ。早ければ2021年1月にも発行される可能性が出てきた。米Financial Timesが報じた。併せて、12月1日に、Libraの名称をDiemに変更した。(2020/12/3)

Facebook発表の暗号通貨「Libra」、プロジェクトと管理組織の名称を「Diem」に改称
Facebookが2019年6月に発表した暗号通貨「Libra」とそれを管理する組織Libra協会の名称が、「Diem」と「Diem Association」に改称された。(Facebookからの)「組織の独立性を強調する」ためとしている。(2020/12/2)

Facebook、eコマース向けチャットbotのKustomer買収
IntagramやFacebook Messengerでの企業顧客のサポートを強化しているFacebookが、顧客サービルCRMのKustomerを買収すると発表した。Kustomerはチャットbotでオムニチャンネルの顧客サポートを提供している。(2020/12/1)

Innovative Tech:
リアルな眼球の動きをVRアバターで再現 Facebookが開発
VRアバターにさらにリアルさを追加できる「眼球の動き」。(2020/11/30)

今日のリサーチ:
Googleショッピング広告へのデータフィード配信が大きく増加してFacebook超え――フィードフォース調べ
「データフィード利用状況調査2020」の結果です。(2020/11/20)

ドコモショップでLINEやポケモンGOなどの設定を有料サポート 1アプリ1650円(税込み)
NTTドコモは、ドコモショップで「アプリ設定サポート」を実施。「LINE」「Twitter」「Instagram」「Facebook」「メルカリ」「モバイルSuica」「ディズニー ツムツム」「Pokemon GO」の初期設定などを1アプリ1650円(税込み)で行う。(2020/11/19)

TwitterとFacebookのCEO、大統領選をめぐる公聴会で「投稿ルールの見直しは必要」
米上院司法委員会が17日に開催した米大統領選中の投稿に関する公聴会で、Twitterのジャック・ドーシーCEOとFacebookのマーク・ザッカーバーグCEOがリモートで証言した。(2020/11/18)

「Oculus Quest 2」が90Hz表示にネイティブ対応 アップデート適用により
米Facebookは、同社製VR HMD「Oculus Quest 2」向けアップデートの提供を開始した。(2020/11/17)

「Oculus Quest 2」、アプリ更新で90Hzサポート フィットネストラッカーも追加
Facebookが、9月に発売したスタンドアロンVRヘッドセット「Oculus Quest 2」の初のソフトウェアアップデートをロールアウトしている。このアップデートで90Hzをネイティブでサポートするようになる。また、フィットネストラッカー「Oculus Move」を追加し、スマートフォンアプリ経由での画面キャプチャも可能になる。(2020/11/16)

光伝送技術を知る(14) 光トランシーバー徹底解説(8):
光トランシーバーのForm Factorの新動向(3) 〜FacebookやMicrosoftが主導するCPO
2000年以降データセンターを支えてきたSFP、QSFPなどのFront Panel Pluggable光トランシーバーから根本的に変革し、次世代の主流になるかもしれないCPOを解説する。(2020/11/16)

Facebook Messengerでも消えるモード「Vanish Mode」追加
Facebookが「Facebook Messenger」に相手とのやり取りが自動的に消える「Vanish Mode」を追加した(日本はまだ)。Instagramでも間もなく使えるようになる見込み。(2020/11/13)

Instagram、[発見]タブ位置に[リール]タブ 米国では[ショップ]タブも
Facebook傘下のInstagramがモバイルアプリトップのタブを変更した。日本ではこれまで[発見]タブがあった位置にTikTokのような15秒動画「リール」のタブが配置された。米国では[カメラ]の位置が[ショップ]タブになった。(2020/11/13)

5年間行方不明だった愛猫→Facebook経由で見つかり再会へ! 諦めなかった飼い主とSNSの奇跡に称賛の声
会えてよかったです。(2020/11/13)

ソフトバンクG、AmazonやFacebookへの投資に着手 孫社長「AI革命への投資会社になる」
ソフトバンクグループが、米Amazon.comや米Facebookなどの上場企業への投資に着手。孫正義社長は「AI革命への投資会社になる」と意気込んだ。(2020/11/9)

米大統領選の開票プロセスは不正だと扇動するFacebookグループ、削除前に35万フォロワー獲得
接戦となっている米大統領選で、ドナルド・トランプ氏を当選させるために「何でもする」というFacebookグループが公開され、暴力を推奨する投稿があるとして削除されるまでに約35万人のフォロワーを獲得した。(2020/11/6)

TwitterとFacebook、トランプ氏の最高裁の決定で暴動が起きるというツイートにラベル
米大統領選本番前夜にトランプ大統領がTwitterとFacebookに投稿した郵便投票は不正で暴動を誘発するという投稿に、それぞれのプラットフォームがラベルを付けた。Twitterでも読むことはできる。(2020/11/4)

Facebook決算、広告が好調で2桁台の増収増益 広告ボイコットの影響は微小
Facebookの7〜9月決算は、売上高は22%増、純利益は29%増と好調だった。7月に広告ボイコット運動があったが、広告の売上高が22%とほとんど影響を受けなかった。FacebookのMAUは12%増の27億4000万人。(2020/10/30)

Innovative Tech:
ヒトのAIモデルからチンパンジーの姿勢と3次元構造を推定 Facebookなどが開発
人間のAIモデルを動物に転移させる新技術。(2020/10/30)

Google、Facebook、TwitterのCEO召喚の「セクション230」公聴会開催
GoogleのピチャイCEO、FacebookのザッカーバーグCEO、TwitterのドーシーCEOが上院の公聴会に出席した。ドーシー氏に対しては、共和党員からトランプ大統領のツイート規制についての批判が集中した。(2020/10/29)

Instagram、ライブ配信時間の上限を4時間に拡大 自動アーカイブ機能も
米FacebookがInstagramのライブ配信時間の上限を従来の最大1時間から4時間に延長。ライブ配信の終了後、動画を自動でアーカイブする機能も追加した。(2020/10/28)

Facebook、クラウドゲーム参入(ただしAppleの制限でiOSには非対応)
Facebookもクラウドゲームに参入する。MicrosoftやGoogle、Amazonと異なり、サブスク制ではなく、Facebook内で無料で「Asphalt 9: Legends」などをプレイできる。ただし、Appleの制限のせいでiOSには対応できないとしている。(2020/10/27)

TwitterとFacebookのCEO、米大統領選への対処についての公聴会に召喚
Twitterのジャック・ドーシーCEOとFacebookのマーク・ザッカーバーグCEOが、11月17日に上院が開く公聴会で証言する。公聴会の主なテーマは、民主党の米大統領候補、バイデン氏のスキャンダル記事に関する投稿への対処についてだ。(2020/10/26)

Facebookの外部組織「監督委員会」、申し立て受け付けを開始
FacebookやInstagramで投稿を削除され、それを不服とするユーザーは、第三者機関「監督委員会」に異議申し立てできるようになった。Facebookは委員会の決定に従う必要がある。(2020/10/23)

Facebook、英語を中間言語としない機械翻訳システムをGitHubで公開
Facebookが英語を中間言語として介さずに2つの言語を直接翻訳する多言語機械翻訳(MMT)モデルをGitHubで公開した。毎日200億回以上の翻訳を行っているニュースフィードでも将来的にはこのモデルを採用する計画だ。(2020/10/20)

フードロス削減を支援する通販モール「WakeAi(ワケアイ)」オープン 送料無料の販売も開始
価格比較サイト「Shoply」などを手掛けるInSyncは、通販モール「Wakeari(ワケアリ)」と「Facebookコロナ支援・訳あり商品情報グループ」を統合した「社会貢献型通販モール:WakeAi(ワケアイ)」をオープンした(2020/10/16)

YouTube、QAnonなどの陰謀論で攻撃する動画対策を強化(完全には削除しないが)
Twitter、Facebookに続き、YouTubeもQAnonなどの陰謀論コンテンツの規制を強化すると発表した。ただし、第三者攻撃を目的としていないコンテンツは削除しない可能性があるとしている。(2020/10/16)

TwitterとFacebook、タブロイドのバイデン候補スキャンダル記事投稿を規制
米タブロイド紙New York Postが独占記事として掲載した米大統領候補ジョー・バイデン氏のスキャンダル記事をTwitterは非表示にし、Facebookも表示を制限した。ドナルド・トランプ米大統領は「非常に不快」とツイートした。(2020/10/15)

Instagram、「鬼滅の刃」のAR写真機能 日本で人気のキャラとコラボ
Facebook Japanが、Instagramで提供しているARカメラエフェクトに映画「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」のデザインを10月16日に追加すると発表。同日公開される映画に併せ、提供を始める。(2020/10/15)

「Facebook Messenger」のロゴが玉虫色に──「メッセージングの未来へのシフトを反映」
Facebookが、「Facebook Messenger」と「Instagram」のアプリを横断してのメッセージ交換を可能にするに当たり、Facebook Messengerのロゴを従来の青から赤紫がかった玉虫色に変更する。(2020/10/14)

Facebook、アンチワクチン広告を世界的に禁止するポリシー変更
Facebookが、ワクチン接種を思いとどまらせる目的の広告を世界で拒否すると発表。誤情報を含まなくても目的が明確であれば拒否。ワクチンに関する法律に反対する広告は許可する。(2020/10/14)

Oculus Quest 2のために新規作成したFacebookアカウントがすぐ凍結されて使えない? 公式が対処法を示すも解決に至らず
公式は「Facebookアカウントに実名かつ正しい生年月日の登録を」と呼びかけていますが、それでも凍結されたというケースも。(2020/10/13)

Facebook、「ホロコーストはなかった」投稿を削除するポリシー更新
Facebookがヘイトスピーチのポリシーを更新し、ホロコーストを否定または歪曲するコンテンツを禁止する。ユダヤ人団体などが約10年前から求めてきたことだ。(2020/10/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。