連載
» 2012年09月19日 09時30分 公開

オリラジ藤森より頼みやすい後輩になれた僕がやったことカラテカ入江の「後輩力」(2/4 ページ)

[カラテカ・入江慎也,Business Media 誠]

何か1つ、誰にも負けない自分の武器を持とう

『後輩力 凡人の僕が、友だち5000人になれた秘けつ』 『後輩力 凡人の僕が、友だち5000人になれた秘けつ』(入江慎也・著、アスコム・2012年6月末刊、本体1365円)

 会社員でも芸人でも、周りとコミュニケーションをしていく上で、自分だけの武器を身に付けておくと、役に立ちます。何でもいいと思います。車の運転がすごくうまいとか、おいしいお店をたくさん知っているとか、流行の映画を常にすべて観ているとか。たくさんある必要はなくて、誰にも負けない武器ならば、1つで十分です。

 僕が最近すごいと思っているのは、ぐるなびゲーターと呼ばれている知り合いのサラリーマンです。「ごはん行こう! 飲み行こう! でもどこに?」という展開になると、なにはともあれ、その人に相談します。

 接待に使うのにピッタリな個室がある高級レストラン、安くておいしい焼き鳥がある飲み屋、明け方の西麻布でシメるときにオススメのラーメン屋など、場所、予算、料理、個室の有無などをすべて把握しているんです。

 スマートフォンのグルメサイトで検索するよりも、その人に電話した方が早い。実際に食べたリアルな情報と共に確実によい店を紹介してくれるので、会社の先輩からも大人気だそうです。

 この人は営業の仕事をしているので、これを武器にして人脈を広げ続けています。今、僕が親しくしている後輩たちを、冗談半分で入江軍団なんて呼んでいますが、彼らの持っている武器によって、いくつかの班に分かれています。

 体力も時間もあるメンバーは、吉本のいろいろな芸人の引っ越しを手伝う「引っ越し班」。面白い話をたくさん持っているメンバーは、「ネタ班」。イケメンでトークもできて、合コン向きのメンバーは「コンパ班」。仕事以外で、洋服のショッピングなどに付き合ってくれる「プライベート班」――などです。

 「引っ越し班」から、ひそかに「コンパ班」に移籍したがっている後輩もいたりします(笑)。それと、みんな「性格がいい」という最大の武器を持っているのが、入江軍団の自慢です。

なにはともあれ相談される人になる

 吉本に、「たかくら引越センター」と呼ばれている芸人がいます。もともとは「たかくら伝説」という名のピン芸人だったのですが、毎日時間があったので、学生時代から引っ越しのアルバイトをしていた経験を活かして、100人以上の芸能人の引っ越しを手伝い、こう呼ばれるようになりました。ついにはトラックを買うほどハマってしまい、最近、「たかくら引越センター」という本当の引っ越し会社まで立ち上げてしまったのですが、これも大きな武器ですよね。

 引っ越しをやってもらった吉本の先輩芸人からは、今もかわいがられていて、先輩の友人やそのまた友人、スタッフさんまで紹介されて、幅広く活動しています。芸では吉本の人に知られなかったけれど、引っ越しによって知られるようになったんです。

 僕も以前は、「入江引越センター」と言われるくらい、吉本の先輩たちの引っ越しを手伝っていた時期がありました。引っ越しのバイトをやっていたことがあったし、実家住まいで車もあったので、この仕事は得意だったんです。ロンブーの淳さんからは、引っ越しのときに洋服をたくさんいただきました。次長課長の河本さんと話すようになったキッカケも引っ越しでした。

 そういったご縁は今も続いていますし、1つの武器を持つことで、自分の世界、未来の可能性は、どんどん広がっていくのだと思います。

ヒマも1つの武器になる

 自分もかなりヒマだったことがあるので分かるのですが、「毎日スケジュールが空いている人」って、それはそれで存在価値が大きいんです。忙しくてなかなか人付き合いができない人がいると思いますが、ヒマなら、好きなだけ人付き合いができます。

 急な仕事でヘルプしてほしい、フットサルのメンバーが足りない、飲み会のメンバーが足りない……。さらに、先輩がピンチになったときに、すぐ駆けつけて助けてあげられるのも、ヒマな後輩だけです。

 実際に、携帯電話が水没してしまったときにどうしたらいいか。賃貸物件から引っ越すときに敷金礼金をどうしたらいいか。ヒマだから勉強しまくって、そういうことに詳しくなった後輩を知っています。彼らはその知識、スキルを武器に、少しずつ自分のポジションを上げていっています。

 以前もこんなことがありました。次長課長の河本さんから、「今度、日光でロケがあるんやけど、誰か後輩で運転してくれる人、おらへんか?」という電話がありました。後輩が1人手を上げたんですが、彼は河本さんの大ファンでした。それを先輩のパシリと受け止める人もいますが、会いたい人に会うチャンス、仲良くさせてもらうチャンスと思える人の方が、確実に伸びていくんです。その後もその後輩は河本さんにかわいがっていただいています。

 ヒマなことも大きな武器になるんです。後輩にとって、「忙しい」はNGワード。絶対に言うのはやめましょう。

 会社でも、いつも「忙しい」っていう人よりも「付き合います!」という後輩や部下の方が、かわいがられますよね。どうしても自分の武器が見つからずに悶々としている人には、「ヒマも武器」ということを知ってもらいたいです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ