ニュース
» 2012年10月12日 12時00分 公開

上司が大変そうに見えても、実は部下のほうがもっと大変未来の人事を見てみよう(1/3 ページ)

プレイング・マネージャー化する現代の管理職。昔の管理職に比べると仕事が増えているように見えます、本当に忙しくなっているのでしょうか。米国の研究結果を元に考えてみたいと思います。

[調祐介,Business Media 誠]

 クレイア・コンサルティングの調です。こんにちは。高度経済成長期は、多くの人が順調に出世街道を走っていました。部長くらいになると、のんびり出社。まずは新聞を読んでたらお昼になって「ではランチビールでも」――みたいな光景があったと聞きます。もちろん職場ではタバコ吸い放題で。

 今は管理職もプレイング・マネージャー化して、組織のマネジメントもやらねばならないし、細かな実作業もやらなくてはいけない。高度成長期に比べると、多忙になってきたように思えます。

 では実際にはどうなのか? 米国のハーバード大やスタンフォード大の研究チームが行った調査がいくつかのサイトで紹介されていましたので、かいつまんで内容を紹介します。

上司のほうが大変そうか?

Dear Boss: Your Employees Are More Stressed Out Than You Are(上司へ。あなたよりもあなたの部下のほうがもっとストレスを感じてますよ)

Whenever I'm swamped with work, I just think about my boss. His workload, his responsibilities ? he must be stressed out of his gourd. I'm surprised he hasn't gone gray yet. And so it goes. Higher rank leads to more stress. Or so you'd think.

 仕事に圧倒されそうになると、私はいつも上司のことを思い浮かべる。彼の膨大な仕事量、そして大きな責任――彼はストレスで正気を失っているに違いない。なぜ彼の髪がまだ白髪にならないのか不思議なぐらいだ。とそんな風に思いを巡らせる。役職があがるほど高いストレスにつながる。あなたもそう感じるのではないか?

 特に自営の人、創業社長などは、この傾向が高いかもしれませんね。いつも会社の経営のことで頭を悩ませているイメージ。一部のベンチャーなどでは、寝る間もなく働くことが一種の勲章になっているケースもあります。しかし、

It's the rest of us who should be worried.

 心配すべきは我々のほうだ。

 とのこと。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ