連載
» 2013年04月03日 12時00分 公開

ボクの不安が「働く力」に変わるとき:新入社員が抱く5つの不安――その処方せん、あります (1/4)

新入社員の多くは、いろいろな不安を感じているはず。「先輩や上司とうまくやっていけるのか」「仕事についていけるのか」――こうした不安を解消するにはどうすればいいのか。

[竹内義晴,Business Media 誠]

竹内義晴(たけうち ・よしはる)

 1971年生まれ。経営者、教師、コンサルタント、コーチ、カウンセラーなど、リーダー層を支えるビジネスコーチ。人材育成コンサルタント。

 自身がプレッシャーの多い職場で精神的に追い込まれる中、リーダーを任される。人や組織を育てるには、マネジメントの手法だけでは太刀打ちできないことを痛感。優れたリーダーたちが使う卓越したコミュニケーションスキルを学び、実践。チームの変革に成功する。実践の経験から、難しいコミュニケーションスキルを誰もが現場ですぐに使えるようにした独自の手法「トライアングルコミュニケーションモデル」を考案。実践的なコミュニケーション方法を伝えるコミュニケーショントレーナー。

 米国NLP協会認定NLPトレーナー、NPO法人しごとのみらい理事長。著書に『「職場がツライ」を変える会話のチカラ』(こう書房)がある。

 連載記事「人生はサーフィンのように」をeBook(電子書籍)にまとめた「やる気が出ない本当の理由」を発売。詳細はこちら


 4月に入り、街では新しいスーツを着た新入社員のみなさんを見かけるようになりました。学生時代は就職活動が大変でしたよね。たくさんの苦労を乗り越え、社会人になられた新入社員のみなさん、おめでとうございます。社会人の世界へようこそ! いろんな期待に胸を膨らませているのではないでしょうか。

 一方、学生から社会人になる立場の変化や生活環境の変化など、環境がガラッと変わる新入社員のみなさんは、いろんな不安も抱えていることでしょう。

 次のような不安を抱えていませんか?

  • 先輩や上司とうまくやっていけるか不安
  • 仕事についていけるか不安
  • 明確な目標がないことへの不安
  • 自由が効かなくなることへの不安
  • お酒の席での不安

 そこで今回は、新入社員のみなさんが抱く不安に対してどのようにかかわっていけばいいのかについてお話したいと思います。

先輩や上司とうまくやっていけるか不安

 新入社員のみなさんが抱えるもっとも大きな不安は「先輩や上司とうまくやっていけるか」という、人間関係ではないでしょうか。同じ年代の人が集まって生活していた学生時代と比べ、職場はいろんな世代の人がいます。先輩や上司とどう関わっていけばいいのか、不安ですよね。

 また「厳しいことを言われるのではないか」「理不尽なことも受けなきゃいけないんじゃないか」……そんな、恐れにも似た不安もあるでしょう。

 世代によって触れてきた情報、育ってきた環境が違うので、価値観が違ったり、使う言葉が違ったりするのは事実としてあるでしょうね。中には、年齢が上だからと言って偉そうに振る舞う人がいたり、「新入社員だから」「これは我が社の新入社員の伝統だから」のように、理不尽な扱いをされたりすることもあるかもしれません。

 けれども今までの学生時代でも、同い年なのに偉そうにしている人もいれば、理不尽な扱いを受けたことがあったと思います。逆に、すごく優しくて気遣いができる人もいたでしょう。

 そこで「先輩」「上司」と捉えると何かと緊張するので、1人の「人」と考えてみるのはどうでしょうか。抱えている内容は違っていても、先輩や上司だっていろんな不安を持っていますからね。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -