連載
» 2013年04月03日 12時00分 公開

ボクの不安が「働く力」に変わるとき:新入社員が抱く5つの不安――その処方せん、あります (2/4)

[竹内義晴,Business Media 誠]

仕事についていけるか不安

 会社に入ると、先輩や上司がすごく遠い存在に感じませんか? 「先輩ってすごいな。ボク、仕事についていけないんじゃないかな」と不安に思うこともあるでしょう。

 どんなに仕事ができるように見える先輩や上司でも、すべての人があなたと同じ新入社員時代を過ごしてきて今があります。だから大丈夫。

 言い方を変えると、あなたも近い将来、「すごいなあ」と思われるような先輩や上司のようになれます。来年、再来年の新入社員から、「○○さんってすごいなあ」と思われるでしょう。

 そんな先輩になってください。

明確な目標がないことへの不安

 多くの人が「目標が大事だ」と言いますよね。先輩社員から、「○○さんの目標は何?」とか「この会社で、将来どんなことをやりたいの?」などと聞かれることもあるかもしれません。

 確かに目標があったらいいのでしょうし、せっかく環境が変わるので「これを機会に、何か新しい目標を持ちたい」と考えている人も多いと思います。

 けれども「何を目標にしたらいいのか分からない」という人が多いのではないでしょうか。私自身、社会人になりたてのころは明確な目標なんてありませんでしたから。

 そうかといって、今の私に目標がないかというと、そうではありません。私の目標は、多くの人が抱いている「仕事がツライ」を「楽しい」に変えることですが、この目標は最初から抱いていたわけではなく、仕事での体験を通じて「仕事は毎日のことなのに、それが楽しくないなんて嫌だな。やっぱり楽しいほうがいいよな」と自然に見えてきたのです。

 目標は「持つ」というよりも「見えてくる」ものだと思います。今、目標はなくても大丈夫。目の前にある仕事を一生懸命取り組んでください。そうすれば、目標は自然と見えてくるでしょう。

 もし明確な目標がない時に先輩や上司から、「○○さんの目標は何?」と聞かれたら、「実はまだ、明確な目標は分からないのですが、先輩が私ぐらいのとき、どんなことを考えていましたか?」と聞いてみるといいと思います。また先輩が目標を持っていたとしたら、「何がきっかけでそんな目標を持つようになったんですか? そのときどんな気持ちだったんですか?」と聞いてみるのもいいかもしれません。目標を人に話すのはうれしいことなので、先輩はいろいろ教えてくれると思いますよ。先輩との距離も縮まるきっかけにもなりますしね。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -