ITmedia ビジネスオンライン

ニュース
2005/04/14 20:08 更新


ターゲットは30代〜40代のビジネスマン〜ビジネスFOMA「M1000」 (2/2)


前のページ | 1 2 |      

 NTTドコモでは、企業向けのリモートアクセスサービスとして「ビジネスmoperaアクセスプロ」を提供している(1月19日の記事参照)。M1000とmopera Uを組み合わせると、M1000が設定したISPのメールサーバにダイヤルアップし、新着メールの確認・受信が行えるが、ビジネスmoperaアクセスプロでも、同様のサービスを社内のメールサーバーに対して行える機能を提供予定だ。「現在ビジネスmoperaアクセスプロに加入していただいている企業には、無償アップグレードを考えている。時期的にはM1000の投入の頃になるだろう」(NTTドコモ)

N900iLとは競合しない

 NTTドコモの法人向けFOMA端末といえば、「FOMA N900iL」がある。FOMAと無線LANのデュアル対応端末で、無線IP電話として企業の内線子機になることを想定した製品だ。

 「今のところ、M1000でのVoIPは考えていないので、PASSAGE DUPLEXの子機になることもない。だから、そこでN900iLとM1000は棲み分けできるはず」と田中氏は話す。「N900iLとM1000とはまったく違うもの。(M1000は)機能的にはフラグシップだ。考えられるさまざまな機能を盛り込んで、“ビジネス携帯”のニーズを探っていく」(田中氏)

 「戦略的なことなので詳しくは話せないが、モトローラとしか話していないということはないし、別にSymbian OSに限って、OSしばりをしたということはない」と田中氏が述べるとおり、M1000はあくまで“第1弾”の製品だ。「法人部分の強化は重要課題。ミリオンセラーにはならないだろうけれども、スマートフォン市場を拡げていきたいと考えている」(田中氏)

前のページ | 1 2 |      

[吉岡綾乃,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.