ニュース
» 2005年07月04日 15時30分 公開

ボーダフォン、1.7GHz帯で実験局予備免許取得

ボーダフォンが“1.7GHz帯”にアプローチしている。新規事業者に割り当てが決まっている全国バンドでなく、「東名阪バンド狙い」の可能性もある。

[ITmedia]

 ボーダフォンは7月4日、1.7GHz帯を利用したW-CDMA方式の3G携帯サービスに向け、実験局予備免許を取得したと発表した。商用化を目指し、試験電波の周波数特性確認などを行う。

 1.7GHz帯は、総務省から「全国バンドを新規参入2社に」割り当てる方針案が示されている(6月3日の記事参照)。ただし全国サービス用ではなく、地域限定の「東名阪バンド」では新規、既存事業者を問わず「周波数のひっ迫に応じて」帯域を割り当てる方針も示されており、ボーダフォンはこちらを狙っていると見られる。

 「2GHz帯で3Gサービスを提供しているが、契約数の増加などにより今後ますますトラフィックの増加が予想される。現在使用している周波数だけでは、不足する懸念がある」(ボーダフォン)

 同社では実験局本免許取得後、千葉県内で約6カ月のフィールド試験を行う予定。1.7GHz帯の電波伝搬特性や、ビルなどの建築物による遮へいの影響などを測定するという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -