ニュース
» 2005年10月26日 15時24分 公開

東ティモールやボスニアも──ボーダフォン、国際ローミングエリア拡大

ボーダフォンが、国際ローミングの対応エリアを拡大する。新たに追加されるのは、ウルグアイ、オマーン、ドミニカ共和国など5カ国。

[ITmedia]

 ボーダフォンは10月27日から国際ローミングの対応エリアを拡大する。新たに追加されるのはウルグアイ、オマーン、ドミニカ共和国、東ティモール、ボスニア・ヘルツェゴビナの5カ国。これにより、日本で使っている3G端末をそのまま持ち出して音声通話できるエリアが128カ国になる。

 ボーダフォンの3G端末は、他キャリアに比べてW-CDMA/GSMのデュアルネットワークに対応したものが多く、キャリア側でも海外利用時の利便性の高さをアピールしている。10月15日には海外ローミング先でもGPS機能を使える「903T」(9月7日の記事参照)を発表し、英国・オランダ・スペイン・カナリー諸島、ドイツ、香港の6つの国と地域でのナビ利用に対応した(9月7日の記事参照)

  • ボーダフォンの国際ローミング対応エリア
提供サービス 国と地域 事業者数
通話 128 177
SMS 126 174
ボーダフォンライブ! 56 76
モバイルデータ通信 56 77
TVコール 6 8

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -