ニュース
» 2006年06月29日 16時56分 公開

ドコモのISPサービス「mopera U」と「mopera」、迷惑メール対策を強化

ドコモは7月7日から順次、同社が提供するISPサービス「mopera U」と「mopera」について、なりすましメールの排除など、迷惑メール対策を強化する。

[ITmedia]

 ドコモは7月から、同社が提供するISPサービス「mopera U」と「mopera」について、迷惑メール対策を強化する。提供する対策は3つで、いずれも利用料金は無料。

 1つはISP経由でmopera Uサーバに接続してメールを送信する際に使うポートを587番ポートに設定可能にする施策で、7月12日から提供開始する。これによりmopera Uユーザーはメール送信に利用するポートを、迷惑メール対策検討グループ「JEAG」が推奨している587番ポートに設定できるようになる(2月24日の記事参照)

Photo 587番ポートを使用したメール送信設定の概要

 もう1つは、mopera UとmoperaサーバのSPF対応。なりすましメールの排除策として提供するもので、mopera Uのドメイン名をかたるなりすましメールを排除できるようになる。提供開始は7月12日0時から。

 3つめは、アドレス指定受信への対応。mopera Uおよびmoperaの契約者は、あらかじめ指定したアドレスから送信されたメールのみを受信できるようになる。指定可能なアドレスは最大20件。提供開始は7月7日から。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -