ニュース
» 2006年08月10日 14時31分 公開

米国やハワイでEZwebが使える──au、データローミングのエリア拡大

KDDIは、国際ローミングサービス「GLOBAL PASSPORT」のデータローミングエリアを拡大。米国やハワイでEZwebが利用できるようになる。

[ITmedia]

 KDDIは8月16日から、国際ローミングサービス「GLOBAL PASSPORT」のデータローミングエリアに米国(約390都市)とハワイを追加する。これによりユーザーは、既にサービスを提供している韓国、中国、タイ、台湾、グアム、サイパンと合わせて8の国や地域でEメールの送受信やWebアクセスを行えるようになる。利用料金はEメールの送受信とEZwebが、1.5円/パケットで、Cメールの受信は無料。

Photo 米国(約390都市)とハワイのデータローミングエリア

 GLOBAL PASSPORTのデータローミング対応端末は「A5514SA」「A5505SA」の2モデル。米国とハワイで利用するには、渡航前に最新のPRL(ローミングエリア情報)に更新する必要がある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -