ニュース
» 2006年11月15日 16時42分 公開

Bluetoothデバイスの出荷台数、10億台を突破

Bluetooth SIGは、2006年11月初旬にBluetooth対応デバイスの出荷台数が10億台に達したと発表した。来年発表予定の高速無線技術により家庭用機器や医療機器などへも需要を拡大させていく考え。

[岩城俊介,ITmedia]

 Bluetooth Special interest Group(Bluetooth SIG)は11月14日、Bluetooth対応デバイスの出荷台数が2006年11月初旬に10億台に達したと発表した。Bluetooth SIGはAgere、Ericsson、Lenovo、Intel、Microsoft、Motorola、Nokia、東芝が推進メンバーとして名を連ね、6000社以上の提携・対応メンバーが参加する業界団体。

 Bluetoothは2.4GHz帯の短距離無線で接続する無線規格の1つ。ケーブルによる接続なしで利用や低電力消費/低コスト/堅牢性などのメリットにより、携帯電話やPC(マウス/キーボードなどの周辺機器も含む)、ヘッドセット、オーディオヘッドフォン、自動車機器(カーナビ/カーオーディオ)などのほか、プレイステーション 3にも採用されるなど、家庭用機器市場への採用例もここ最近、拡大している。2006年11月現在、約5種類/日のペースで新たな製品がBluetooth SIGの認証を受け、週に約1200万台の製品が出荷されているという。

 2007年、Bluetooth SIGはBluetooth高速無線技術の仕様を発表する予定。これにより、家庭用ゲーム機や医療機器、ビデオカメラ、プロジェクタ、デジタルカメラなどへの採用例・出荷数のさらなる増加も見込んでいる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -