ITmedia NEWS >
ニュース
» 2006年05月17日 21時24分 公開

モバイルキャスト、iPod用Bluetoothトランスミッタを発表

モバイルキャストは、iPod用のBluetoothトランスミッタ“iPod Bluetooth Transmitter”「MPXAD500RI」を5月27日に発売すると発表した。

[ITmedia]

 モバイルキャストは5月17日、iPod用のBluetoothトランスミッタ“iPod Bluetooth Transmitter”「MPXAD500RI」を発表した。5月27日の発売で、価格はオープン。店頭予想価格は7800円前後。

photophoto iPod nanoに装着した状態の“iPod Bluetooth Transmitter”「MPXAD500RI」(右写真、中央)。同じく左側は“mBand”「MPX2000」、右側は“mLiNK R”「MPX3000R」

 第5/第4/第3世代iPodとiPod nano、iPod miniに対応するBluetoothトランスミッタ。サイズは37(幅)×14(奥行き)×38(高さ)ミリ、重さは12グラムと小型軽量。カラーはピアノホワイトとピアノブラックの2色。

 伝送距離は見通し10メートル。電源はiPod側から給電され、連続使用時間はiPodのバッテリー残量に依存する。 Bluetooth Ver.1.2に準拠し、対応プロファイルはA2DP/AVRCP。同社のBluetoothヘッドセット“mLiNK R”「MPX3000R」と“mBand”「MPX2000」を適合機種としている。

 製品発表にあたり、同社の赤池英二代表取締役兼CEOは、「これまでの音声通話向け製品で培ったノウハウをいかし、オーディオ分野においてもワイヤレス環境の便利さ、快適さを訴求していきたい。iPod向けということで、まずはポータブル用途のBluetooth製品からのスタートとなるが、秋口にBluetooth搭載のアンプ内蔵スピーカーを発表する予定で、今後も対応機器を増やしていきたい」と説明。

photophoto モバイルキャスト代表取締役兼CEO赤池英二氏(左)。参考出品された車載型のBluetoothレシーバー(右)

 また、同社の「本業」ともいえるテレマティクスの話題を交え、車載用のBluetoothレシーバーの展開や、地図コンテンツなどを蓄積したiPodと車載機器を組み合わせる製品とサービスについて、「年内の発表を予定している」(赤池氏)など今後の展望を語った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.