ニュース
» 2006年12月15日 23時28分 公開

ドコモと印Hutchison Essar、インドでのiモードサービス開始で提携

NTTドコモとインドのHutchison Essarは、インド国内でiモードサービスを展開するために提携する。Hutchison Essarは2007年末までにiモードサービスを開始する予定。

[園部修,ITmedia]

 NTTドコモは12月15日、インドのHutchison Essarと提携し、2007年末までにインドでiモードサービスを開始すると発表した。

 両社は12月15日付でiモードライセンス契約を締結し、iモードサービス展開に必要なノウハウや関連技術、特許などを提供する。サービスはHutchison Essarがサービスを提供しているエリアのGSM/GPRSネットワークとW-CDMAネットワーク上で展開予定だ。なおインド政府からの認可が取得できない場合、ライセンス契約は発効しない。

 Hutchison Essarは、インドのムンバイに本社を置く、1994年に設立された携帯電話事業社。Hutchison Telecommunications Internationalが66.99%、Essar Groupが26.42%の株式を持つ。インド国内の16の営業地域でサービスを提供しており、シェアは第4位。契約者は2006年10月末日の時点で2127万回線となっている。2005年の売上高は12.89億ドル。

 現在iモードは台湾、オランダ、ベルギー、ドイツ、フランス、スペイン、イタリア、ギリシャ、ブルガリア、オーストラリア、イスラエル、イギリス、アイルランド、ロシア、シンガポールの15の国と地域で展開されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -