連載
» 2015年09月03日 08時00分 公開

年俸4億円を“持ち逃げ”……松坂大輔に生じる「説明責任」赤坂8丁目発 スポーツ246(4/4 ページ)

[臼北信行,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

ファンに説明する責務

 チーム関係者は松坂に関して、このように語った。

 「今シーズン開幕前、松坂が練習時間に遅刻したことがあったのですが、その理由についてもチーム内では『どうやら“ワケあり”だったらしい』とまでウワサされています。真相は定かではないけれど、そのへんは本人が一番よく分かっているわけだし、僕らが四の五の言うことじゃない。

 でも、あれだけの年俸をもらっておきながら何ひとつ結果を残せずチームに迷惑をかけているのだから、そういう陰口を叩かれても仕方がないでしょう。しかもシーズン中は不摂生がたたっているからなのか、ブクブクに太っていくし……。実際、複数の週刊誌でも松坂がリハビリ中であるにも関わらず、ネオン街に姿を見せたことが報じられて明らかになったでしょう? チーム内での求心力は今、ほぼゼロと言っていい状況です」

 何事にもシビアなメジャーリーグの球団ならば、今の松坂はとっくに戦力外通告を受けているはずだろう。それでもソフトバンクが松坂に来季復活の可能性を少なからず見出しているのならば、その前にまず本人の首根っこを引っ張ってでも会見の場に出させるべきだ。

 今、松坂と地元在福メディアの関係は「最悪」であるとも聞く。「バッシングされまくっている松坂が、ソフトバンクの拠点である福岡のメディアへの不信感を募らせて取材されることを避け続けている」(在福メディア関係者)というが、その深まったミゾを修復させる意味でもメディアからの質疑応答を松坂は受けなければいけない。何度も言うが年俸をもらって「プロ」の立場になっているのだから、彼にはメディアを通じてファンに説明する責務がある。

 全盛期には「怪物」と呼ばれ、球史に名を残す活躍をしてきたことは誰もが認めている。そんな松坂だからこそ、晩節だけは汚してほしくない。

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -