連載
» 2015年09月04日 07時00分 公開

エグゼクティブの“からだ”づくり:一流のオトコになるための「勝ち癖」のつくり方 (3/4)

[荒尾裕子,ITmedia]

からだSWOT分析で、戦略を立てる

 あなたは戦略づくりを行うとき、どのような分析フレームを使っていますか?

SWOT分析は、みなさんもご存じのように経営戦略の方向性の検討に使われるフレームで、以下の4つの要因に分けて整理し、現状分析を行うものです。

  • 強み(Strengths)
  • 弱み(Weaknesses)
  • 機会(Oppotunites)
  • 脅威(Threats)

 この分析フレームを活用して、あなたの「からだSWOT分析」を行い、戦略を立てていきましょう。

 具体的には、内的要因(本人・家族)と外的要因(本人・家族以外)の視点で健康診断の結果、仕事の状況、生活環境と生活習慣などを、SWOT分析のフレームを使い、書き出し整理していきます。

 次に、現状の課題解決をどのように図っていくのか、クロスSWOT分析を行い、あなたのからだマネジメントのための戦略の方向性を検討していきます。始めるときは、分類の正しさや実現できるかどうかはまず置いといて、「こうできたらいいな」というものをどんどん出していきます。

 その後、似たようなものをまとめながら、重要度、実現可能性を考慮し、優先順位をつけます。そして、その中からまず1つ選んでみましょう。それはあなたが最初に始めるマネジメントプランです。

 「からだSWOT分析」で戦略を立てたら、後は実行のみ。これが一流のオトコになるための2つ目の準備作業です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -