連載
» 2016年05月19日 07時39分 公開

赤坂8丁目発 スポーツ246:何もできない松坂大輔を、孫正義オーナーが見捨てない理由 (2/4)

[臼北信行,ITmedia]

契約満了まで「安泰」

 ところがフタを開ければ、やっぱり何も変わっていなかった。今季開幕前のオープン戦ではパッとしない内容の“怪投”しか見せられず、本人が望んでいた開幕一軍も当然のように首脳陣の方針によって見送られた。その後は二軍でも体たらくなパフォーマンスが続き、挙句の果てにはまたしても身体の変調を訴える始末。これはもう普通に考えてチームや球団関係者からすれば、とっくの昔に我慢の限界を超えているはずである。

 松坂とソフトバンクの契約条件は、3年12億円プラス出来高(推定)。こんな超破格の巨額契約を結んだにもかかわらず、何ひとつ仕事ができていないのだから「給料泥棒」とバッシングを受けるのも当然の話ではある。ところが当の松坂に危機感はまったく見えず、相変わらずの口先ばかり。パ・リーグ首位を快走する絶好調の一軍からは完全に置いてけぼりにされ、存在感を失ってしまっているのが現状だ。

 完全なる“不良債権”――。ここまで断崖絶壁へと追い詰められれば、周囲から肩たたきを受けて引退を勧められても決して不思議ではない。

 ところが、それでも松坂はまだ来シーズンの契約満了まで当面のところ「安泰」という。一体なぜなのか。実は球団と親会社ソフトバンクグループのトップ・孫正義オーナーが松坂の存在を高く評価しており、複数人の球団幹部に対しても「この先、何があっても彼(松坂)が一軍で復活を果たすまで我慢してくれ」と“通達”しているというのだ。球団幹部の1人は孫オーナーの心中について、次のように代弁する。

2軍で大乱調となった松坂大輔(出典:福岡ソフトバンクホークス)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間