ニュース
» 2018年05月14日 18時48分 公開

「+メッセージ」標準搭載:KDDIが夏モデル発表 「デュアルカメラ」で花火・夜景を鮮やかに撮影 (3/3)

[濱口翔太郎,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

Huawei新モデルは“3種のレンズ”搭載

 「HUAWEI P20 lite HWV32」(中国Huawei Technologies製、6月上旬発売予定)は、約1600万画素・約200万画素のデュアルカメラをメインに採用。約1600万画素のサブカメラも備え、計3種のレンズを持つ点が特徴だ。ローエンドモデルながら、一眼レフのような“ボケ感”を演出する「ポートレート」、撮影後にピントを調整できる「ワイドアパーチャ」――など充実した機能を備える。

 指紋認証、顔認証、約100分でフル充電ができる「急速充電機能」なども備えるが、このモデルのみ受信最大958Mbpsの高速通信には非対応。

photo
photo 「HUAWEI P20 lite HWV32」

ガラケーは「家族の絆」強める

 「かんたんケータイ KYF38」(京セラ製、7月下旬発売予定)は、シニア層向けのフィーチャーフォン。付属の卓上ホルダーに本体をセットすると、スピーカー通話が可能になる点が特徴。祖父母と孫の多人数同時通話などの用途を見込む。「家族のコミュニケーションの課題を解決し、絆を強められるモデルだ」(山田本部長)

photo
photo
photo 「かんたんケータイ KYF38」

 今回は扱わなかったメーカーについて、山田本部長は「中国HTCの端末は、顧客ニーズを踏まえつつ順次取り扱いたい。米国政府から制裁を受けている中国ZTEの端末は、在庫は継続して販売するが、今後についてはZTEと協議をしつつ検討していく」と話している。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間