コラム
» 2018年09月17日 09時50分 公開

市場が激変:もうコンビニは若者のものではない (1/3)

コンビニエンスストアの来店客に変化が生じている。セブン-イレブンの統計によると、50歳以上は1989年に1割に満たなかったが、2017年には約4割を占める。「コンビニは若者のもの」から「シニアのもの」へと移り変わっているようだ。

[久我尚子,ニッセイ基礎研究所]
ニッセイ基礎研究所
かつてコンビニと言えば若者の代名詞だったが…… かつてコンビニと言えば若者の代名詞だったが……

 コンビニエンスストアの勢いが増している。売上高は2009年に百貨店を上回り、近い将来、スーパーも上回りそうだ(図1)。店舗数や来店客数も増加傾向にあり、客単価もじわりと増えている(図2)

 コンビニは消費者にとって、もはや欠かせない存在だが、利用者層には何か変化があるのだろうか。

図1 小売業の業態別売上高の推移(資料)経済産業省「商業動態統計」より作成 図1 小売業の業態別売上高の推移(資料)経済産業省「商業動態統計」より作成
図2 コンビニエンスストアの店舗数や来店客数等の推移(資料)一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会「コンビニエンスストア統計」より作成 図2 コンビニエンスストアの店舗数や来店客数等の推移(資料)一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会「コンビニエンスストア統計」より作成

セブン-イレブンの来店客は4割が50歳以上

 コンビニ利用者の属性について業界全体を捉えた統計は見当たらないため、マーケットシェア4割(※1)を占める業界首位のセブン-イレブンの統計を参考にしたい。

 セブン-イレブンの来店客の年齢分布を見ると、若者が減り高年齢層が増えている(図3)。1989年では20代以下が6割を超え、「コンビニは若者のもの」であった。しかし、2000年代に入ると半数を下回り、17年では2割でしかない。

図3 セブン-イレブンの来店客の年齢分布の変化(資料)株式会社セブン&アイ HLDGS.「コーポレートアウトライン」より作成 図3 セブン-イレブンの来店客の年齢分布の変化(資料)株式会社セブン&アイ HLDGS.「コーポレートアウトライン」より作成

 一方、50歳以上は1989年では1割に満たなかったが、2017年では約4割を占めている。つまり、1989年から2017年にかけて、20代以下は3分の1に減り、50歳以上は4倍に増えている。50歳以上のうち65歳以上の高齢者も増えているとすれば、「コンビニは若者のもの」から「シニアのもの」へと移り変わっているようだ。

 少子高齢化が進む中、ある程度はこのような変化が予想されるものだが、セブン-イレブンの来店客は人口における高齢化(図4)を上回る速度で進んでいる。1989年から2016年にかけて、50歳以上の割合は人口では30%から46%へと1.5倍に増えているが、セブン-イレブンでは約4倍に増えている。

 なお、この期間において、同社の売上高や来店客数、客単価は増加傾向にある。

図4 人口の年齢分布の変化(資料)厚生労働省「人口動態調査」より作成 図4 人口の年齢分布の変化(資料)厚生労働省「人口動態調査」より作成

※1 株式会社セブン&アイ HLDGS.「統合レポート 2018」

       1|2|3 次のページへ

Copyright © NLI Research Institute. All rights reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間