なぜあの商品は売れた? 行列研究所が謎に迫る
連載
» 2018年10月23日 11時10分 公開

長浜淳之介のトレンドアンテナ:ウェンディーズ×ファーストキッチン イマイチだった両者のコラボ店が人気の理由 (1/5)

「ファーストキッチン」と「ウェンディーズ」がコラボした業態が売り上げを伸ばしている。2015年から始めたこの取り組みは成功を重ね、わずか3年で40店も増えた。快進撃の秘密を探る。

[長浜淳之介,ITmedia]

 「ファーストキッチン」と「ウェンディーズ」がコラボした、「ファーストキッチン・ウェンディーズ」という、ダブルブランドのユニークなハンバーガーチェーンが店舗数を急増させている。東京を中心に「ファーストキッチン」の業態転換を進め、40店にまで増えた(2018年9月末時点)。

 ハンバーガー業界のみならず、外食全体でもほとんど類を見ないこの同業種コラボの1号店が誕生したのは、15年3月。六本木交差点近くにある「ファーストキッチン 六本木店」(東京・港)を業態転換した。同店の売り上げが転換前の1.5倍となり、両チェーンはコラボ効果を確信。同年8月には、上野浅草口店をオープンし、この店でも成果を上げた。この試みは次々と成功を重ね、わずか3年で40店に増えた。こういったハンバーガーチェーンは他に存在しない。ニューヨークから上陸して話題をさらった「シェイクシャック」、ロサンゼルスから上陸した「ウマミバーガー」など、ポストマクドナルドといわれる新興のグルメハンバーガーチェーンをはるかに上回る成長を遂げている。

photo 18年9月にオープンした「ウェンディーズ・ファーストキッチン原宿竹下通り店」

パッとしなかったチェーンが組んだら急成長

 この快進撃の背景には何があるのだろうか。16年6月にウェンディーズの日本法人「ウェンディーズ・ジャパン」が、サントリーホールディングスよりファーストキッチンを買収。立地を選びながら、全国に130店ほどあるファーストキッチンの店舗を業態転換してきた。転換した店で失敗例は皆無とのことだ。想定する顧客単価はランチが800円、ディナーが1200円となっている。

 ウェンディーズは11年12月、表参道に再上陸1号店をオープンしたものの、期待されたわりには店舗数が伸びず、表参道店から撤退。ついには新宿区曙町に直営店を1店構えるのみという寂しい状況に追い込まれていた。

 一方のファーストキッチンも、業界で4〜5位あたりの地位を確保していたものの、伸び悩んでいるという印象を拭えなかった。同規模のチェーンで新商品の企画力に勝る「フレッシュネスバーガー」に押されつつあり、存在感も薄れていた。

 では、パッとしなかったウェンディーズと、パッとしなかったファーストキッチンが組んだら、どうして急成長を遂げるチェーンになったのか。その謎に迫ってみたい。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -