ニュース
» 2018年10月24日 16時28分 公開

エスカレーター、階段も:JR東、中央線御茶ノ水駅に改札内エレベーター新設へ 19年1月末にバリアフリー化完了

JR東日本が2019年1月末に、中央線御茶ノ水駅の改札内にエレベーターを設置する。13年度から続くバリアフリー工事の一環。混雑を避けるため、階段やエスカレーターも新設する。

[ITmedia]

 東日本旅客鉄道(JR東日本)は2019年1月末に、中央線御茶ノ水駅(東京都千代田区)の改札内にエレベーターを新設する。13年度から続くバリアフリー工事の一環で、今回の設置によって各ホームから「御茶ノ水橋口改札」まで障壁のないルートが完成する。

photo 御茶ノ水駅に設置予定の改札内エレベーター(=ニュースリリースより)

 エレベーターの設置場所は上りホーム・下りホームの2カ所で、収容人数は前者が15人、後者が13人。混雑を避けるため、19年1月末に、改札内にエスカレーター4基(上下ホームに2基ずつ)と階段2カ所(上下ホームに1つずつ)も新設する。

photo エレベーター、エスカレーター、階段の設置場所(=ニュースリリースより)

 これから設置工事を進めるため、同社は「お客さまにはご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解とご協力をお願い申し上げます」と呼び掛けている。

 ただ、JR東と千代田区が共同で進めていた「聖橋口」駅前広場の整備は、広範囲にわたって地中埋没物がみられ、処理する必要性が生じたため、終了を20年度から23年度に延期する。

photo 整備終了後の「聖橋口」のイメージ(=ニュースリリースより)
photo 「聖橋口」の整備終了後の予想図

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -