ニュース
» 2018年11月05日 14時33分 公開

約3000円下落:ファストリ株が急落 10月売上高10%減を嫌気 気温高く秋冬物売れず

11月5日の東京株式市場でファーストリテイリング株が3000円程度下落。10月の既存店売上高が前年同月比−10%と振るわなかったことが嫌気された。気温が温かく、秋冬物の売れ行きが不調だったという。

[ITmedia]

 11月5日の東京株式市場で、ユニクロやジーユーなどのアパレル企業を傘下に持つファーストリテイリング(東証1部)の株価が急落。午前9時37分に前営業日比3200円安となる5万7330円(−5.3%)を付けた。午後2時現在の株価は3060円安(−5.1%)の5万7470円。

photo ファーストリテイリングの株価の推移(=Yahoo!ファイナンスより)

 11月3日に発表されたユニクロの10月度販売実績(国内)は、既存店売上高が前年同月比90.0%、客数が同94.5%、客単価が95.3%に下落した。10月の気温が高く、秋冬物の需要が弱かったことが響いた。前年10月は気温が低く推移し、秋冬物が好調だった反動も大きかった。

 こうした要因で10月度の販売が不調となり、減収となった点を嫌気した売りが出たとみられる。

photo ユニクロの10月度国内販売実績(=ファーストリテイリングのIR資料より)

 気象庁が11月1日に発表した1カ月予報によると、11月3日〜12月2日にかけて全国的に例年より高い気温が続くという。ファストリにとっては厳しい状況が続くが、秋冬物の需要を喚起できるか。

photo 気象庁の1カ月予報(=気象庁の公式Webサイトより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間