ヒトオシ
特集
» 2018年11月19日 07時00分 公開

「ママ」に会ってきた:モヤモヤ抱えるミドルへ 500人が人生相談に訪れた「昼のスナック」の秘密 (3/4)

[加納由希絵,ITmedia]

スナックなら、気軽に来てもらえる

 どうすれば自分たちの取り組みがミドルシニア世代に届くのか。木下さんは、大学院の同級生だった岡田真幸さんに相談した。岡田さんは木下さんと同世代。大手メーカーに約20年間勤めた後、大学院に進学。同時に、麻布十番で「Charlie's Bar(チャーリーズバー)」というバーを始めた異色の経歴の持ち主だ。

 岡田さんと話す中で「バーやスナックなら、その世代の人が来やすいのでは?」と思うようになり、「それまで考えてもいなかった」方法を模索するようになった。最初は「スナックなんて、ありえないか」と思ったが、自分自身が参加した、他人に目標を立ててもらうワークショップ「タニモク」でも背中を押され、本気になった。

 木下さんの思いに共感してくれた岡田さんの協力で、Charlie's Barを借り、不定期でイベントを開くことにした。17年6月、バーがにぎわう前の午後7時〜9時半に営業する「スナックひきだし」を始めた。コンセプトは「40歳以上のモヤモヤを解決」。Facebookのみで告知した。あまり構えずに来てもらって、リラックスしておしゃべりしてもらいたかった。

photo 麻布十番の「Charlie's Bar」を借りて「スナックひきだし」を始めた

 反響は想像以上だった。12席あるカウンター席が埋まるほどの人が毎回来てくれた。しかし、回を重ねるにつれて、家庭の事情などで「夜に来られない人」の声も聞こえてくるようになる。また「40歳以上」という条件から外れる人からの参加希望も寄せられた。「もっと来やすい場所」にすることが必要になった。

 そこで、17年8月から、毎週木曜の午後1時〜6時に開催日時を固定。参加者の制限もなくし、幅広い人が気軽に来られるようにした。Facebookのみという告知方法は変わらないが、1年強で約60回、休まず開催できている。SNSや口コミがきっかけとなり、来店した人は延べ500人に上る。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -