ニュース
» 2018年12月13日 12時46分 公開

鮮やかな外装、落ち着いた内装:スズキ、軽乗用車「アルト」「アルト ワークス」仕様変更 新色設定、安全性向上 (1/2)

スズキが「アルト」「アルト ワークス」を一部仕様変更し、発売。「アルト」の内装色を変更したほか、「アルト ワークス」に新車体色を設定。予防安全技術も充実させた。

[ITmedia]

 スズキは12月13日、軽乗用車「アルト」「アルト ワークス」を一部仕様変更し、発売した。「アルト」の内装色を変更したほか、「アルト ワークス」に新しい車体色を設定。両車種ともに予防安全技術も充実させた。

 税込価格は84万7800円〜165万5640円。月間販売目標は2車種合計で7500台。

photo 仕様変更した「アルト」「アルト ワークス」(=ニュースリリースより)

 「アルト」は、シート表皮に新色「ネイビー」を採用。インパネとドアトリムガーニッシュには新色「グレージュ」を取り入れ、落ち着いた車内空間に仕上げた。

 予防安全技術は、衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート」「後退時ブレーキサポート」を採用。車線逸脱警報機能やハイビームアシストなども追加した。高齢ドライバーの事故防止に対応する「サポカーS・ワイド」に該当するという。

 一部車種には、ディスチャージヘッドランプをメーカーオプション設定した。

photo 仕様変更した「アルト」「アルト ワークス」の価格(=ニュースリリースより)

 「アルト ワークス」は、車体色に「ブリスクブルーメタリック」を新設定。予防安全技術は、「デュアルセンサーブレーキサポート」などを標準装備した。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間