ニュース
» 2018年12月25日 13時10分 公開

放送50周年を記念:フジテレビ、初期の「サザエさん」配信へ 声優は大山のぶ代さん、永井一郎さんら

フジテレビが「サザエさん」の1969〜70年放送分をデジタル化し、「FOD」「Amazon Prime Video」で26日午前0時から配信する。現在とは異なる作風や、大山のぶ代さん(カツオ)、永井一郎さん(波平)、麻生美代子さん(フネ)など、当時の声優陣による演技を楽しめる。

[ITmedia]

 フジテレビジョンは12月25日、国民的アニメ「サザエさん」の1969〜70年放送分をデジタル化し、同社とAmazon.comの動画配信サービス「FOD」「Amazon Prime Video」で26日午前0時から配信すると発表した。2019年に迎える放送50周年を記念したもので、初期の作品を公式に提供するのは初。

photo 「サザエさん」登場人物の初期の姿。現在とはデザインが異なる(=フジテレビのプレスリリースより)

 保管していた35ミリネガフィルムをデジタル化して配信する。現在とは異なるキャラクターデザインや作風を楽しめるほか、大山のぶ代さん(カツオ)、永井一郎さん(波平)、麻生美代子さん(フネ)など、当時の声優陣による貴重な演技を聞くこともできる。

 配信するのは、第1回放送分(69年10月5日)〜第53回放送分(70年10月4日)のうち一部を除く50回分。カツオが良い点数のテストだけをフネやサザエに見せ、悪い点数のテストを天井裏に隠す「75点の天才!」、悪質な訪問販売「押し売り」が磯野家を訪れ、サザエに物を買わせようとする「押売りよ こんにちわ!!」――といった懐かしのエピソードが含まれる。

photo
photo 放送するエピソードの一幕(=フジテレビのプレスリリースより)

 フジテレビは「『サザエさん』は50周年を迎えるとともに、ますます“挑戦”を続けていきたいと思いますので、これからも応援をよろしくお願いします!」とコメントしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ