ニュース
» 2019年01月08日 13時00分 公開

成人年齢引き下げでも:若者の7割が「20歳の成人式」を希望 18歳だと「受験に重なる」 (1/2)

成人年齢が2022年から18歳に引き下げられる。日本財団の調査では若者の7割が依然として20歳の成人式を希望。18歳時は受験などで楽しめないため。

[服部良祐,ITmedia]

 間もなく1月14日の成人の日。成人式を巡っては、民法改正に伴い2022年4月から成人年齢が20歳から18歳に引き下げられることから、式を何歳で行うのかも議論になっている。日本財団が成人を前にした17〜19歳の若者に調査したところ、74%が従来通り成人式を20歳で行うべきと回答した。18歳時では受験とかぶるなど、成人式をきちんと楽しめない点を指摘する意外と現実的な声が挙がった。

photo 20歳の成人式を望む若者は多い(画像はイメージ、提供:ゲッティイメージズ)

18歳成人式は「受験直前」「お酒飲めない」

 調査は日本財団が18年12月に17〜19歳の男女800人を対象にWeb上で行った。全体の7割が「成人式に出席したい」と回答。理由については、「同級生に会えるから」が66.4%と最多となった。他にも「成人式で祝うことで人生の節目としたいから」(54.3%)、「着物・振袖を着れるから」(32.6%)が多く挙がった。

photo 7割の若者が成人式への出席を希望(日本財団調査)

 冒頭の、成人式の希望年齢を18歳でなく20歳と挙げた理由については、「『18歳』だと受験に重なる時期だから/受験直前の時期だから」(62.8%)が最多となった。次に、「『18歳』だと成人式に合わせてお酒を飲んだりタバコを吸ったりできないから」(38.2%)が挙げられた。

photo 18歳では受験とかぶるため20歳成人式を希望する若者が多い(日本財団調査)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -