ニュース
» 2019年01月15日 15時11分 公開

伝統を継承しつつ操作性向上:トヨタ、17年ぶり復活の新型「スープラ」世界初披露 日本では19年春に発売 (1/2)

トヨタ自動車がスポーツカー「スープラ」の新型を世界初披露。日本では2019年春頃の発売を予定する。デザイン面では伝統を継承しつつ、操作性を向上させた。

[ITmedia]

 トヨタ自動車は1月14日(現地時間)、米デトロイトモーターショーでスポーツカー「スープラ」の新型を世界初披露した。日本では2019年春頃の発売を予定する。スープラは1978年に誕生したトヨタのフラッグシップスポーツカーだが、2002年に生産を中止しており、17年ぶりの復活となる。新型はトヨタのモータースポーツ部門「TOYOTA GAZOO Racing」が手掛けるスポーツカーシリーズ「GR」の1車種として展開し、同シリーズ初となる海外展開も行っていく。

photo 新型「スープラ」

 新型スープラは、卓越したハンドリング性能や安定したコーナリング姿勢を実現するため、「ホイールベース」「トレッド」「重心の低さ」の3要素を重視。ホイールベースをスポーツカー「86」よりも100ミリ短い2470ミリとしたほか、ホイールベースとトレッドの比率を1.55とし、優れた回頭性(向きの変えやすさ)を実現した。重心も「86」よりさらに低く設定した。

 また、ボディーはアルミニウムと鉄を用いた骨格構造とし、「86」の約2.5倍に相当する剛性を実現した。

 最高グレードの「RZ」には、歴代スープラの伝統を継承し、3リッター直列6気筒エンジンを搭載。最大トルクは500N・m/1600rpmを発揮し、思い通りの加速が味わえるという。「SZ-R」「SZ」グレードには2リッター直列4気筒エンジンを採用。SZ-RとSZでは異なるチューニングを施しており、前者はスポーツ走行、後者は街中や高速道路などでの快適なドライビングに最適としている。

 デザイン面でもトヨタ製スポーツカーの伝統を受け継ぎ、外装に空気抵抗を軽減するダブルバブルルーフを採用。ランプを車両内側に寄せることでフェンダーのボリュームを豊かに見せる工夫も施した。内装は、上下に薄いインパネと高く幅の広いコンソールを採用。シフトバイワイヤ式のシフトレバー、8.8インチTFTメーター、大型フルカラーヘッドアップディスプレイも取り入れた。

photo 新型「スープラ」のグレードとスペック
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間