ニュース
» 2019年01月17日 14時56分 公開

残業するには許可が必要:「販売系職種の残業」が少ない企業ランキング、「残業するとマイナス評価」という例も 1位は……?

販売系職種の残業時間が最も少ない企業は? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが調査した結果、2位はオンワード樫山で月7.0時間だった。1位は……

[ITmedia]

 販売系職種の残業時間が最も少ない企業は? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが調査した結果、1位はDHCで月3.9時間だった。社員からは「残業をする際は上席から許可をもらう必要がある」「接客が伸びない限り定時退社が可能。早番と遅番で店舗を担当する」など、残業時間管理が徹底されているといった意見が寄せられた。

photo DHC公式Webサイト

 2位はオンワード樫山(月7.0時間)。「休日や残業は繁忙期に合わせて調整する。残業代はしっかり支払われていた」という。ただし、「ショップによっては年末年始に休めないこともある」と不満の声も挙がった。

 3位はワールドストアパートナーズ(月8.1時間)。家庭と仕事の両立支援制度を充実させ、多彩なキャリアパスを用意している同社は、社員から「残業や休日出勤はほとんどない。繁忙期には連勤になるが、シフトを作成する店長次第。プライベートと仕事のバランスもよかった」「休日出勤した場合は代休を取るようになっていた」との意見があった。

 4位はストライプインターナショナル(月10.6時間)。「全社的に残業をしないよう働きかけているので割と早く帰れるとは思うが、配属される店舗にもよる」「人員が足りていれば繁忙期以外の時期の残業時間は10〜15時間程度で、下位スタッフだとほぼ定時に帰宅できる。人員が足りていない店舗でも20時間以内だと思う」という。

 5位はへネス・アンド・マウリッツ・ジャパン(H&M、月11.8時間)。同社はスウェーデン発のアパレル企業であり、「日本企業のように『残業=評価』にはならない。基本的に社風として残業は推奨していないし、評価が下がる一因になる。繁忙期には残業することもあるが、定時に帰るスタッフがほとんどだ」「残業は基本的には認められないが、マネジャークラスは残業せざるを得ない場合もあった」と、残業がマイナス評価につながるとの指摘もあった。

photo 販売系職種で「残業が少ない企業」ランキング(=グローバルウェイ調べ)

 調査は、『日経業界地図 2018年版』(日本経済新聞出版社)に記載がある企業を対象に、16年4月1日〜18年3月31日に「キャリコネ」に販売系として登録しているユーザーから給与・残業情報が10件以上寄せられた企業をランキング化した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間