連載
» 2019年04月18日 07時00分 公開

世界を読み解くニュース・サロン:タイガー・ウッズ復活劇、勝利の裏で名を上げた“あの企業” (1/5)

米プロゴルファー、タイガー・ウッズの復活劇が注目を浴びている。その裏には、暗黒時代にもスポンサーとして支え続けた企業の存在があった。その筆頭が、スポーツ用品大手のナイキだ。また、その中には日本企業も名を連ねている。

[山田敏弘,ITmedia]

 米プロゴルファーのタイガー・ウッズが見事な復活劇を果たしたとしてニュースになっている。

 海外でもこのニュースは感動をもって受け止められている。というのも、ご存じの通り、ウッズはゴルフとは関係ないプライベートな問題で、いくつものスキャンダルに直面し、「暗黒時代」を過ごしたからだ。

 ウッズ自身、勝利後にその喜びを爆発させた。ウッズは「この勝利は私と家族、そしてここにいる皆さんにとっても、大きな意味を持ちます。決して忘れることのできないものです」と語ったと、米スポーツ専門TV「ESPN」は報じている。

 またこの勝利を予想していた人は多くなかったようで、ラスベガスではウッズの勝利に賭けて1億円以上を獲得した人も出たという。

photo タイガー・ウッズ復活劇を支えた企業とは?(写真提供:ゲッティイメージズ)

 米国でもフィーバーになっているウッズの勝利だが、日本ではこんな論評を目にした。「世界中を驚かせた不倫騒動後、妻が去り、スポンサーが去り、コーチも相棒キャディーもウッズから離れていった。自業自得ではあったが、次々に見捨てられたウッズは徐々に勢いを失い、勝利から遠ざかっていった」(朝日新聞、2019年4月15日付)

 確かに、多くのファンのウッズ像は、まさにこの記述通りだろう。だがこの記述には、一つ誤りがある。ウッズを見捨てなかったスポンサーもいた、という事実だ。その最たる例は、米オレゴン州に本拠地を置くスポーツ用品大手のナイキだ。そして今回のウッズの勝利は、米ブルームバーグによれば、「最終ラウンドのテレビ放送で、さまざまなスポンサー企業に計2360万ドル(約26億円)余りの宣伝効果をもたらしたと、スポンサーシップ分析会社エーペックス・マーケティング・グループが指摘した」という。

 ただウッズを支えたのは何もナイキだけではなく、そこには日本の企業の存在もあった。そこで、ウッズ勝利の裏にいた企業にスポットライトを当ててみたい。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

Digital Business Days

- PR -