なぜあの商品は売れた? 行列研究所が謎に迫る
ニュース
» 2019年04月30日 08時35分 公開

競合がたくさん:復活できるのか? 再上場で注目される、ジーンズの「リーバイス」 (1/5)

リーバイスを展開するリーバイ・ストラウス社は、創業166年になる老舗ブランド。そんな歴史的な企業が、最近また注目されている。その理由は、2019年3月に同社がニューヨーク証券取引所に再上場したからだ。

[藤井薫,ITmedia]

 ゴールドラッシュ時代、一獲千金を狙って人々が押し寄せた米国西海岸で発明され、その耐久性で絶大な支持を得たブルージーンズ――といえば、そう、リーバイスだ。

 労働者に愛された実用品としてのジーンズは、その後ミュージシャンやハリウッドスターをはじめ、さまざまな人々やカルチャーに受け入れられた。そして、何世紀にも渡り、ファッション史に強烈なインパクトを残してきた。

 リーバイスは今でも、米国のアイコン的なブランドと見られており、世界最大のデニムブランドとして君臨している。リーバイスの製品は、110カ国以上の専門店や百貨店などで販売されており、さらに約3000店舗のフランチャイズや直営店を31カ国で展開している。

 もちろん米国内でも圧倒的な存在感を保っている。リーバイスは、約167億ドル規模といわれる米国のデニム市場で、12%のシェアを誇りトップを走っているのだ。

米国のデニム市場で、リーバイスはトップを走る(写真提供:ゲッティイメージズ)

 リーバイスを展開するリーバイ・ストラウス社は、創業166年になる老舗ブランド。そんな歴史的な企業が、最近また注目されている。その理由は、2019年3月に同社がニューヨーク証券取引所に再上場したからだ。

 リーバイスは1971年に一度上場しているが、減益のため84年に創業一族が非公開に戻した経緯がある。世界最大のデニムブランドとはいえ、デニム市場の縮小には勝てなかったからだ。

 そして今回、再上場を果たしたリーバイス。だがデニム市場が伸び悩んでいる現在、勝算はあるのだろうか。

 実際のところ、リーバイスにはいくつもの難題が待ち構えていると言わざるを得ない。再上場でリベンジに向かうリーバイスは、どう戦うべきなのか。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -