ヒトオシ
連載
» 2019年05月09日 08時00分 公開

あの会社のこの商品:「亀田の柿の種」を壊したフリカキックス、今のところ「吉」 (6/6)

[大澤裕司,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5|6       

新モデル投入なども視野に

 今後、追加生産することになった時は、新モデルにする予定だ。カッターを交換式にしてユーザー好みの粒度にできるようにするほか、カラーリングの変更、着せ替え可能な仕様にするなど、さまざまなアイデアがある。また、レシピが増えて業務用途の開拓が進めば、大型化や電動化も視野に入ってくるという。

 「亀田の柿の種」という看板商品を壊すことにしたのは、今のところ「吉」と出ている。「いただきますプロジェクト」のような自発的なプロジェクトが誕生するなど、新しい何かが生まれる風土が少しずつ社内に育まれてきていて、カキタネックス・ラボからもユニークな成果物が次々と誕生する予定だという。亀田製菓の歴史においてフリカキックスは、新たな時代をつくった象徴になるかもしれない。

著者プロフィール:

大澤裕司(おおさわ・ゆうじ)

 フリーランスライター。1969年生まれ。月刊誌の編集などを経て、2005年に独立してフリーに。工場にまつわること全般、商品開発、技術開発、IT(主に基幹系システム、製造業向けITツール)、中小企業、などをテーマに、雑誌やWebサイトなどで執筆活動を行なっている。著書に『これがドクソー企業だ』(発明推進協会)のほか、ITmedia ビジネスオンラインの人気連載をまとめた『バカ売れ法則大全』(行列研究所/SBクリエイティブ)がある。


前のページへ 1|2|3|4|5|6       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ