ニュース
» 2019年05月13日 09時50分 公開

年収400万円の不動産投資家は、どうやって3年で家賃収入700万円を超えたのか? (1/6)

不動産投資は、資産運用の王道の一つだが、なかなか最初の一歩が踏み出せないという人も多い。先輩不動産投資家は、どうやって最初の一歩を踏み出したのか?

[斎藤健二,ITmedia]

 不動産投資は、資産運用の王道の一つだが、なかなか最初の一歩が踏み出せないという人も多いだろう。最初に必要になる資金額が大きいことに加え、銀行から借金をしなくてはならないこと、さらに投資中にも空室リスクなどがあるため、放ったらかしというわけにはいかないからだ。

 では不動産投資家は、どのようにして最初の一歩を踏み出し、資産を拡大していったのか? 山田太郎さん(仮名)は33歳の会社員。現在、アパート1棟6室、区分マンション4室を所有し、年間総家賃収入は700万円を超える不動産投資家だ。

 しかし、最初の投資用物件を買った3年前は、年収500万円弱、貯金もほとんどない中でのスタートだったという。

 どのようなきっかけで最初の一歩を踏み出し、どんなことを気にしながら資産を拡大していったのだろうか。

最初の一歩はやっぱりコワイ

 現在でこそ10室を所有し、税金の控除額が大きくなる、「事業的規模」に達している山田さん。だが最初の一室目はどんなスタートだったのか。

 「怖かったか? 間違いないですね。未知のものが恐いというのは、何でもそうだと思います。不動産はいっぱいニュースになってますよね。違法建築だったらどうしよう? 業者にだまされて、すごく高い物件を買わされたらどうしよう? しかし、一番怖いものは空室です。予定通り、本当にお金が入ってくるのかどうか」

 そんな山田さんの最初の一歩は、実は父親からの相続だったという。親族が住んでいたが退去にともなって、山田さんが運営することになった。中野区のワンルームマンションだ。いま考えれば、いい立地だが、当時は運営に試行錯誤だったという。

相続した中野区のワンルームマンション
       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -