ニュース
» 2019年06月12日 16時51分 公開

還暦を迎える人の平均貯蓄額は2900万円 ただし67%が2000万円以下

老後の生活費として年金以外に必要だといわれる貯蓄2000万円。還暦を迎える人の平均貯蓄額は2900万円だったが、7割弱が2000万円以下だった。さらに100万円以下と答えた人も4人に1人いた。PGF生命が調査した。

[斎藤健二,ITmedia]

 老後の生活費として年金以外に2000万円が必要、という金融庁のレポートが話題になっている。では、還暦を迎える人たちの貯蓄状況はどうなのか。PGF生命が還暦を迎える人を対象に行った調査によると、現時点での貯蓄額は平均で2956万円となった。

 ただしこれは一部の人が平均を大きく押し上げている。1億円以上と答えた人が8%いた一方で、2000万円未満の人は67%に上った。さらに4人に1人は「100万円未満」と回答しており、貯蓄格差が開いたかっこうだ。

現段階の貯蓄金額(PGF生命調査より)
60歳以降、何歳まで働いていたいか(PGF生命調査より)

 貯蓄額を背景としてか、還暦を迎えても働き続けたいという人は8割以上におよぶ。70歳まで働きたいと考える人が4割とボリュームゾーンとなっており、平均は67.2歳だった。

 貯蓄額は居住エリアでも差が出た。首都圏では平均額は3363万円に上昇し、首都圏と大阪圏を除いたその他地域では2678万円だった。

 また夫婦2人の世帯では、平均額が3223万円と高いが、子育て中の世帯では2354万円と900万円近い差が見られた。

居住地域別、世帯構成別の貯蓄金額(PGF生命調査より)

 この調査は4月19日から22日にかけて、1959年生まれの男女2000人に、インターネットで行われた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ