ニュース
» 2019年06月18日 21時04分 公開

Facebook、暗号通貨「Libra」を発表 Visa、Mastercardなども参加

Facebookがかねてよりウワサのあった暗号通貨を発表した。名称は「Libra」。すでにテストネットは稼働しており、2020年前半の運営開始を予定している。VisaやMastercardを始め、各業界から国際企業がLibraを運営する協会に参加している。

[斎藤健二,ITmedia]

 Facebookは6月18日、暗号通貨「Libra」を発表した。Libraとは古代ローマの通貨の単位で、ラテン語で天秤を意味する。実在する資産によって価値を裏付けることで、従来の仮想通貨(暗号通貨)のような激しい価格変動を抑え、安定した通貨を目指す。Facebookが指導的な立場ではあるが、運営は世界各国の企業が参加するLibra協会が行う。

Libraの特徴

 Libra協会には、下記の通り、決済からNPOまで数多くの団体が参加している。

  • 決済: Mastercard、PayPal、PayU (Naspers' fintech arm)、Stripe、Visa
  • テクノロジー・マーケットプレイス: Booking Holdings、eBay、Facebook/Calibra、Farfetch、Lyft、 Mercado Pago、Spotify AB、Uber Technologies, Inc.
  • 電気通信:Iliad、Vodafone Group
  • ブロックチェーン:Anchorage、Bison Trails、Coinbase、Inc.、Xapo Holdings Limited
  • ベンチャーキャピタル: Andreessen Horowitz、Breakthrough Initiatives、Ribbit Capital、Thrive Capital、Union Square Ventures
  • 非営利組織、多国間組織、学術機関: Creative Destruction Lab、Kiva、Mercy Corps、Women’s World Banking
Libraのパートナー

 テストネットはすでに稼働しており、運営開始は2020年前半の予定。Libra協会のメンバーは100団体に増える見込みだ。当初、ブロックチェーンは協会に参加する団体だけで運営するが、将来は誰でも運営に参加できることを目指すとしている。

 Facebook子会社のCalibraが、スマートフォン向けのウォレットを提供する計画だ。

Calibraが提供するウォレットのイメージ

 「セキュアで安定性のあるオープンソースブロックチェーンを基に生み出され、実在する資産のリザーブによって裏付けられ、独立した協会によって運営される安定した通貨」を目標に掲げた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ