金融ビジネス最前線〜デジタル活用のヒントを探る〜
ニュース
» 2019年06月24日 10時00分 公開

50万人突破のドコモポイント投資 裏技を封じテーマ投資を始める理由 (1/4)

dポイントを使って疑似投資が行えるドコモのポイント投資が人気だ。利用者は50万人を超えて絶好調。これまでの世界分散型インデックス投資に加えて、ヘルスケア業界や日経225などに投資できるテーマ型投資を始める。合わせて封じる裏技の影響は?

[斎藤健二,ITmedia]

 資産運用の重要性がさまざまな形で叫ばれる中、その入口には数多くのハードルがある。運用口座の開設にマイナンバーの提示が必要であったり、ある程度の資金が必要だったりすることが、特に若年層にとっての障害だ。

 そんななか、ポイントを使って擬似的に投資を行えるポイント投資が人気だ。ドコモはdポイントを使った「ポイント投資」を約1年前の5月16日に開始。利用者数は50万人を超えた。

ドコモ スマートライフビジネス本部金融ビジネス推進部FinTech推進室の笠七菜実氏

 「だいぶ調子がいい。事業計画の目標よりかなり上振れている」と、ドコモのスマートライフビジネス本部金融ビジネス推進部FinTech推進室の鈴木貴久彦FinTech担当部長は話す。

 1人あたり平均で1500ポイントを投資しており、これは実際のお金を運用するロボアドバイザーサービスに比べるとかなり少額だ。「まずはdポイントを使って投資に慣れ親しんでもらう。その点では大成功だと思っている」(ドコモFinTech担当の笠七菜実氏)

 約半数が「お金に関しての関心が向上した」とアンケートに答えており、46%が「ポイント投資の利用で、投資・資産運用を開始したくなった」としている。ポイント投資の好調が、ドコモがお金のデザインと組んで提供しているロボアドバイザーサービスTHEO+docomoの利用者増につながっている。「ユーザーの6割が、THEO+docomoの前にポイント投資をやっていた」と笠氏は言う。

 ただしポイント投資の好調さほどには、THEO+docomoは伸びていない。「順調という言い方はできる。ポイント投資は計画を上振れているが、同じくらいTHEO+docomoも伸びているわけではない。マイナンバー登録などのハードルが高い」(鈴木氏)

ポイント投資利用者へのアンケート結果
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ