速報
» 2019年07月02日 13時14分 公開

社員の声受け制度見直し:メルカリが新休暇制度導入 有休以外に病欠用の休日を10日間、夏休みは好きな時期に3日間に

メルカリが新休暇制度「Sick Leave」と「リラックス休暇」を7月1日から導入した。病気やケガでの休暇を有休とは別に10日間付与する他、夏休みは好きな時期に取得できる「リラックス休暇」に変更する。

[ITmedia]

 メルカリは7月1日、組織のグローバル化に合わせて2つの新しい休暇制度「Sick Leave」と「リラックス休暇」を導入したと発表した。

photo

 Sick Leaveは、病気や怪我などを理由に休む場合、有給休暇とは別に年10日間の休暇を付与する制度。診断書などの証明書の提出は不要で利用できる。「いざというときのために有休を残しておく」といった社員の声を受け、安心して有休を使えるよう導入した。欧米などでは、同様の制度を設けている企業も多いという。

 一方リラックス休暇は、これまで取得時期が7〜10月となっていた夏季休暇を好きな時期に取得できるようにしたもの。さまざまな国籍の社員が働いていることを踏まえ、各国の長期休暇や社員それぞれの事情に合わせて休暇を取れるようにした。

photo

 現在、同社の東京オフィスで働く社員の国籍は約40カ国。今後も社員の意見を聞きながら、随時制度の見直しを行うとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間