ニュース
» 2019年07月31日 12時30分 公開

イメージキャラクターに山本美月さん:10億円でクラウド会計乗り換え促進 マネフォがキャンペーン

消費税増税に伴う軽減税率制度開始をチャンスと捉え、クラウド会計サービスを提供するマネーフォワードは、新規利用企業に総額10億円を支給するキャンペーンを始める。

[斎藤健二,ITmedia]

 FinTech企業のマネーフォワード(東京都港区)は7月31日、新たにクラウド会計サービス「マネーフォワード クラウド」を導入する企業や会計事務所に、総額10億円を支給するキャンペーンを行うと発表した。

 名称は「10億円軍資金キャンペーン」。企業向けにはAmazonギフト券で5万円、会計事務所には新規導入の顧問先1件につき10万円を支給する。期間は8月1日から12月31日まで。

マネーフォワードの辻庸介社長(左)と全国の中小企業へのクラウドサービス普及に向けてイメージキャラクターに就任した山本美月さん

 背景には、10月の消費税増税に伴って始まる軽減税率制度がある。扱う品目によって消費税率が異なるため、事務処理が増大する。これをきっかけに、クラウド会計サービスの導入を推し進める狙いだ。キャンペーン効果によって約1万事業者程度の増加を見込む。

 「大阪商工会議所の調査によると、軽減税率に半数以上が未対応の状態。軽減税率はクラウド化が進展する大きなきっかけになる」(同社事業推進本部長の竹田正信氏)

 マネーフォワード クラウドは、月額課金制のサービスで初期費用は無料。費用は月額3980円(税別)から5980円(税別)となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間