なぜあの商品は売れた? 行列研究所が謎に迫る
連載
» 2019年09月10日 05時00分 公開

長浜淳之介のトレンドアンテナ:「やよい軒」「ほっともっと」運営会社のプレナス 大戸屋・コンビニとの“死闘”の行方 (1/6)

プレナスは「ほっともっと」や「やよい軒」を運営している。ほっともっとは苦戦しており、新業態の強化を急ぐ。一方、ごはんのおかわり自由が強みのやよい軒は店舗数を増やしているが……。

[長浜淳之介,ITmedia]

 プレナスが展開する持ち帰り弁当最大手の「ほっともっと」が業績不振に苦しんでおり、グリル料理に注力した新業態「ほっともっとグリル」への転換を急いでいる。東京都内にある174店のうち、約2割にあたる37店がほっともっとグリルへと変わった(9月7日現在)。

photo 大量閉店を発表した「ほっともっと」

 全国に2700超の店舗を持つほっともっとが、9月以降に直営店190店を大量閉店すると突如発表したのは8月9日。その一方で、高級感あるほっともっとグリルの急拡大で、事業再構築を図っているのだ。

 スチームオーブンを使って人手を省くと共に、味と改装効果でイメージを上昇させて、顧客数の回復や単価アップを狙っている。

 東京都以外のほっともっとグリルの展開は、青森県(1)、群馬県(1)、富山県(1)、岐阜県(1)、兵庫県(1)の計5店にとどまり、近畿以西はまだ1店のみである。都内で先行する一方、それ以外の地域では実験段階にあって、ニーズを探っている模様だ。

 ほっともっとグリルには、広い駐車場やイートインスペースを持つ店もあり、家やオフィスに持ち帰って食べるお客だけではなく、購入してその場で食べたいお客のニーズにも対応している。店の内外装を見ると、これまでの庶民感覚あふれるほっともっとにはなかったおしゃれ感があり、おかず単品690円(税込、以下同)を基本としたグリル弁当をメインに据えている。ライスは別売で80円から。

やよい軒も営業しているプレナス

 ところで、プレナスは人気定食チェーン「やよい軒」を経営する会社でもある。やよい軒は2019年2月期末で26店増えて377店となり、同3月期末で前年と同様の353店だった「大戸屋」を国内店舗数で抜いた。

 店舗数で定食屋最大チェーンであるフジオフードシステム「まいどおおきに食堂」が誇る413店(18年12月期末)の背中も見えてきた状況だ。まいどおおきに食堂は前期末で403店だったので10店増えた。ただ、まいどおおきに食堂は「東新宿食堂」や「錦町食堂」のように「地名+食堂」の看板で展開するので、あまりチェーンとは認識されていない面がある。

 なぜ、プレナスはやよい軒では成功しているのに、ほっともっとでは思うような事業展開ができていないのか。ほっともっとはほっともっとグリルへの転換で業績が回復するのか。やよい軒はこのまま定食屋業界で突き抜けるのか。探ってみた。

       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集