ニュース
» 2019年11月25日 10時15分 公開

dodaが調査:「残業が多い・少ない職種」ランキング、1位はちょっと意外な結果に (1/2)

dodaが「職種別の残業時間ランキング」を発表。残業が多い・少ない双方でちょっと意外な職種がランクインした。全体的に営業は残業長め、逆に事務系は短い傾向も。

[ITmedia]

 パーソルキャリア(東京・千代田)が運営する転職サービスdodaは25日、ビジネスパーソン1万5000人に調査した「職種別の残業時間ランキング」を発表した。特に「残業が少ない職種」上位には、ちょっと意外な職種が浮上する結果となった。

photo 残業時間ランキング、意外な職種が上位に浮上(写真はイメージ、提供:ゲッティイメージズ)

建設・土木系エンジニアが「残業長め」に

 調査は7月、同社が20〜59歳の正社員の男女1万5000人に対し、ネットリサーチ会社を通じてWeb上で実施。残業時間について105の職種別にランキング化した。

photo 「残業が多い職種ランキング」上位20位(doda調べ、クリックで拡大)

 まず「残業が多い職種ランキング」を見ると、1位は「設備施工管理」で月当たりの平均残業時間は41.6時間、2位は「建築施工管理」で36.7時間という結果となった。いずれも建築・土木系のエンジニアで、このタイプの職種はトップ10位以内に4つランクインした。東京五輪を前の建設ラッシュで、業務が増えているのが背景にあるとみられる。

 他にも残業時間が長い職種として目立ったのは、3位の「食品/消費財メーカー」(35.9時間)などの営業職だ。トップ20位以内に営業系の7職種がランクインする結果となった。働き方改革が叫ばれる今も、「営業は足で稼ぐ」とよく言われるように、勤務時間をなかなか減らしにくい仕事だと言えそうだ。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -