ニュース
» 2019年12月10日 10時50分 公開

グローバル人材に「合わせられない」日本の上司:外国人部下に日本人上司の4割強「自己主張強い」「日本の常識通じない」とギャップ (1/2)

外国人部下を持つ日本人上司に意識調査。4割強が「自己主張強い」「日本の常識通じない」と回答した。3割が「ノウハウ無く手探り」と、マネジメントへの苦労が浮き彫りに。

[ITmedia]

 外国人人材の活躍する日本企業が増えている。一方で、外国人の部下のマネジメントが思うようにいかない日本人上司も少なくないようだ。人材サービスを手掛けるパーソルグループのパーソル総合研究所(東京・港)が外国人部下を持つ上司に意識調査したところ、想定外のギャップに悩む姿が浮き彫りになった。

photo 外国人部下を持って悩む日本人上司は多い?(写真はイメージ、提供:ゲッティイメージズ)

日本人上司の3割「ノウハウ無く手探り」

 調査は8月、外国人の部下(正社員、パート・アルバイト・技能実習生)を持つ日本人上司872人にWeb上で行った。

 まず「外国人の部下に対するマネジメントの難しさ」について聞いたところ、3割の上司が「ノウハウが無く、手探り状態である」と答えた。22.8%の上司は「「外国人材をうまくマネジメントできていないと思う」とも回答。少なくない日本人上司が外国人の部下のマネジメントに苦労していると言える結果になった。

photo 外国人部下に対するマネジメントの困難さ(パーソル総研調査、クリックで拡大)

 次に「外国人部下に対する想定外のギャップ」について聞いたところ、日本人上司の46.1%が「自己主張が強かった」と回答。「日本の常識が通じなかった」「昇給の要求が強かった」と答えた人も4割に上った。「外国人と日本人の働き方や仕事観のズレ」はよく指摘されるポイントだが、受け止め切れていない日本人上司も多いようだ。

photo 外国人部下に対する想定外のギャップ(パーソル総研調査、クリックで拡大)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間