ニュース
» 2019年12月20日 16時46分 公開

当事者と企業に役立つ:メンタル不調者の復職を成功させるには? 「繰り返し休職」を避ける方法を指南

メンタル不調者の復職問題。復職しても再発するケースも。当事者と企業にとって役立つ方法を指南する本が発売。

[ITmedia]

 日本能率協会マネジメントセンターは12月20日、全国書店で『メンタル不調者のための 脱うつ 書くだけ30日ワーク』(税別1800円)を発売する。

 メンタルヘルスの不調で休職し、復職しても仕事のパフォーマンスが戻らず、再び休職してしまうケースは少なくない。本書はそういった事態を防ぐための方法を紹介する。

メンタル不調者のフォローをどうする?

 復職がうまくいかない背景は何だろうか。まず、社員が薬物療法と少しの休養だけで職場復帰する場合、復職準備不足で再発してしまう。また、企業側が復職支援マニュアルを作成していても、実態として機能していないケースがあり、当事者の状態を正しく把握できてないという問題もある。このように、社員と企業の双方に足りない点があり、繰り返し休職に陥ってしまうことがあるという。

 これまで777人をサポートし、85%の従業員の職場復帰を成功させてきたという著者(2019年11月28日時点)。自らが手掛けてきた復職トレーニングプログラムのノウハウを指南する。具体的には、「取り組み開始前の状態事前チェック」「復職のイメージトレーニング」「新聞記事を使った思考力・集中力の回復」などをワーク形式で約1カ月かけて学ぶ内容になっている。

 メンタル不調に悩む社員が自分で利用するだけでなく、企業が社員とコミュニケーションを進めるためのツールとしても役立つという。

『メンタル不調者のための 脱うつ 書くだけ30日ワーク』の表紙

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -