3分Biz.
ニュース
» 2019年12月23日 12時45分 公開

池袋・サンシャイン60通りに:バンダイナムコ、13年ぶり都内大型出店 激戦区でゲームセンター市場活性化狙う

バンダイナムコアミューズメントは12月27日、東京・池袋の繁華街に「namco池袋店」をオープンする。ビデオゲームを備えた繁華街店舗を東京都内に出店するのは13年ぶり。

[ITmedia]

 バンダイナムコアミューズメントは12月27日、東京・池袋の繁華街にアミューズメント施設「namco池袋店」をオープンする。ビデオゲームを備えた繁華街店舗を東京都内に出店するのは13年ぶり。激戦区の大型店で、ブランド発信と需要獲得を狙う。

12月27日にオープンする「namco池袋店」(イメージ)

 同社は、全国のショッピングセンターを中心に250店舗以上のアミューズメント施設を展開。今回、ブランド発信と市場活性化を目的に、ゲームセンター激戦区である「サンシャイン60通り」に初出店する。

 日本アミューズメント産業協会によると、業務用ゲーム機市場(製品販売と設置による売り上げの合計)は、2006年度に約9000億円だったが、その後徐々に縮小。14年度には約5800億円にまで減少した。一方、15年度以降は少しずつ回復しており、18年には6817億円まで復調している。バンダイナムコは、若年層を中心に幅広い年齢層が楽しめるゲーム機をそろえた拠点を構えることで、さらなる市場活性化を目指す。

 店舗は、東京都豊島区の商業ビル「ヒューマックスパビリオン池袋サンシャイン60通り」の1階と地下1階に新設。2フロア合わせて約1500平方メートルの広さの施設となる。

 1階には120台以上のクレーンゲーム機を設置。菓子やオリジナルのフィギュアなど、ナムコ専用景品を中心に用意する。

 地下1階には、さまざまな種類のシールプリント機をそろえた池袋エリア最大級のシールプリントコーナー、最新のビデオゲーム、音楽ゲームを設置する。シールプリントコーナーには、写真撮影の小道具「フォトプロップス」296個を壁一面に展示。気軽に手に取って撮影に活用できる。

シールプリントコーナーには壁一面の「フォトプロップス」(イメージ)

 ビデオゲームも地域最大級の台数を設置。同社タイトルのゲームをそろえる「バンダイナムコアミューズメントゾーン」では、プレーヤー同士のゲームコミュニティー形成を促進するという。

 また、タピオカや仙草ゼリーなどのトッピングが人気の台湾ドリンク専門店「瑪蜜黛(モミトイ)」を併設。各種キャンペーンなども展開し、話題性のある店づくりを目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -