3分Biz.
ニュース
» 2019年12月24日 14時35分 公開

食べられるインクで「脱プラスチック野菜直売所」 練馬で350年続く農場がSDGsへ取り組む

ちょっとしたアイデアでプラスチック包装を行わない野菜販売の実証実験。

[ITmedia]

 グローバル企業の多くはSDGsへの対応で、2025年までにパッケージリサイクル100%を掲げるなど、世界はプラスチックフリーへの転換期を迎えている。そんな社会背景のなか、都内で最多の野菜直売所が存在する練馬区において、350年続く農家である白石農園が「プラスチック包装を行わない野菜販売」を実践している。

顔を描いたニンジン

 この実証実験は、ノウ(東京都練馬区)が白石農園の協力のもと、エディブルインク(食べられるインク)を活用して行われた。

 具体的には、原材料に水、グリセリン、エタノール、クエン酸に食用色素を加えてできたイタリア製の「食べられるインクのペン」であるフードペンを用い、市場に出回らないようなサイズ、規格の野菜に、ステンシルの技法で文字を転写したり、顔のイラストを書いたりして販売。包装を使わず消費者に気軽に手に取ってもらうのが狙いだ。

ステンシルで生産情報を記載した練馬大根
白石農園の野菜直売所

 また、練馬区の野菜直売所を巻き込んだ環境活動を目指し、共通アイコンとして「脱プラスチック販売所 やさいやさん」の看板を制作。練馬区の古民家で出た廃材を活用し、黒板描きアーティスト、チョークボーイ率いる手描き集団「What a Hand-Written World!(すばらしき手描きの世界)」略して「WHW!」による手書き看板を設置した。

「脱プラスチック販売所 やさいやさん」看板

 今回作成した看板や野菜の販売アイデアは、今後、練馬区の協力農家の直売所にも実践していく予定だという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間