3分Biz.
ニュース
» 2019年12月24日 15時24分 公開

2020年1月発売:スズキ、「ハスラー」を全面改良 室内スペースを広く、使いやすく

スズキは、SUV型の軽自動車「ハスラー」を全面改良し、2020年1月20日に発売すると発表した。新世代プラットフォームを採用し、室内空間を広げて使い勝手を向上させた。

[ITmedia]

 スズキは12月24日、SUV型の軽自動車「ハスラー」を全面改良し、2020年1月20日に発売すると発表した。新世代プラットフォームを採用し、室内空間を広げて使い勝手を向上させた。月6000台の販売を目指す。

スズキの新型「ハスラー」

 初代ハスラーは14年1月に発売。個性的なデザインと軽ならではの取り回しやすさで人気に火が付き、好調な販売を維持してきた。

 新型では、軽量化と高剛性を両立させた新世代プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」を採用。それによってホイールベースを先代モデルと比べて35ミリ延長し、後席の足元空間を広げた。前席は左右の乗員間距離を30ミリ拡大している。また、ホイールベースを延長しながらも、最小回転半径は4.6メートルで、取り回しの良さを継承している。

 ラゲッジスペースの使い勝手も向上させた。荷室側からも操作可能なリヤシートスライドを採用している。荷室下には防汚タイプラゲッジアンダーボックスを搭載。ラゲッジボードを外すと荷室高が広がって背の高い荷物の収納が可能になる。

ラゲッジスペースの使い勝手も向上

 パワートレインには、新開発のエンジンとCVTを採用。低速域から中高速域までの実用的な速度域において、優れた燃費性能と軽快な走行性能を発揮する。加えて、マイルドハイブリッドを全車に搭載した。

 安全面では、ターボ車に全車速での追従機能を備えたアダプティブクルーズコントロール、車線逸脱抑制機能をスズキの軽として初採用している。

 メーカー希望小売価格(税込)は、136万5100円〜174万6800円。

新型「ハスラー」のインテリア
新型「ハスラー」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -