金融機関のデジタル活用〜デジタル活用のヒントを探る〜
ニュース
» 2020年02月10日 15時34分 公開

名称変更したauじぶん銀行 2020年の戦略はポイント経済圏

auが掲げる「スマートマネー構想」の下、ポイント経済圏をハブとして金融サービスを訴求していく。au WALLETポイントはPontaとの統合を発表しており、ユーザー基盤は1億人超、年間付与ポイントは2000億超まで拡大している。この基盤を元に、ユーザーとのエンゲージを高めていく。

[斎藤健二,ITmedia]

 2月9日に、「じぶん銀行」から行名を変更したauじぶん銀行が戦略発表会を開催し、2020年度の重点戦略について話した。

auじぶん銀行の臼井朋貴社長

 auが掲げる「スマートマネー構想」の下、ポイント経済圏をハブとして金融サービスを訴求していく。au WALLETポイントはPontaとの統合を発表しており、ユーザー基盤は1億人超、年間付与ポイントは2000億超まで拡大している。この基盤を基に、ユーザーとのエンゲージを高めていく考えだ。

Pointaとの統合で、1億ユーザーを超えるポイント基盤となったau

 具体的な戦略を3点挙げた。1つ目は、貯蓄から資産形成へのサポートだ。auグループ各社と連携し、「投資の入り口のハードルを下げるためのツールを用意したい」(臼井社長)とした。具体的には、au WALLETポイントを使って疑似投資が行えるポイント運用や、経済の状況を伝えるPIM(購買担当者)指数の提供を挙げた。

 2つ目としては、住宅ローンを挙げた。同行の住宅ローン残高は7000億円を突破。5大疾病だけでなく全疾病対応の団体信用生命保険や、現在キャンペーン中の0.38%という金利の低さ(変動35年、じぶんでんき併用時)をアピールした。

 3つ目は、地方銀行との連携など地方創生への取り組みだ。すでに、サッカーくじのtotoのシステムを地方銀行にOEM提供しており(19年12月の記事参照)、これを拡大させていく。さらに、「スマホアプリやデジタルバンキング機能そのものもOEM提供することを、さまざまな地銀と話している」(臼井社長)。

 ブランドメッセージとしては、「銀行を連れて生きていこう。」を新たに掲げる。ユーザーの8割がスマホ経由でサービスを利用しており、いつでもどこでも利用できる銀行をアピールしていく。

低金利および最短2週間での融資実行というスピードを武器に、融資残高を伸ばしてきた住宅ローン
サッカーくじtotoのOEM提供を皮切りに、地方銀行へバンキング機能のOEM提供を進めていく構想
土屋炎伽さん、土屋神葉さんも兄弟でイベントに登壇した

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -