クルマはどう進化する? 新車から読み解く業界動向
ニュース
» 2020年02月25日 14時00分 公開

ファミリーの使い勝手を追求:日産、新型「ルークス」 競争激しい軽スーパーハイトワゴンで勝負する“3つの強み”とは? (1/2)

日産自動車は3月19日、軽自動車の新型「ルークス」を発売する。ファミリーをターゲットに、足元の広さや後席スライドドアの開口幅などを拡大して使い勝手を向上。競合がひしめく市場で存在感を示したい考えだ。

[加納由希絵,ITmedia]

 日産自動車は2月25日、軽自動車の新型「ルークス」を発表した。3月19日に発売する。足元の広さや後席スライドドアの開口幅などを拡大し、室内空間の広さと使い勝手の良さでファミリー層に訴求。運転支援技術「プロパイロット」の機能も高めた。軽自動車の中でも競争が激しいスーパーハイトワゴン市場で存在感を示したい考えだ。

日産の新型「ルークス」

競争激化の市場に投入、新型ルークスの3つの強み

 2019年3月に発売した軽ハイトワゴンの新型「デイズ」は、「RJCカーオブザイヤー」などを受賞。販売も好調に推移しているという。一方、軽スーパーハイトワゴンのセグメントでは、09年から「デイズルークス」を展開。累計で約61万2000台を販売したが、今回のモデルチェンジに伴って「ルークス」に名称を変えた。

 スーパーハイトワゴンは軽自動車市場の5割以上を占める人気セグメント。ホンダ「N-BOX」やダイハツ「タント」、スズキ「スペーシア」といった競合がひしめく。

新型「ルークス」。「ハイウェイスター」グレード
新型「ルークス」。標準グレード

 新型コロナウイルス感染拡大の影響から、インターネット中継で開催した発表会で、開発責任者の齊藤雄之氏は、新型ルークスについて「ミニバンの使い勝手と軽の運転しやすさの両立を目指した」と話した。具体的には「プロパイロット」「後席のロングスライド」「ハンズフリーオートスライドドア」の3つが、競合にはない強みだという。

 デイズで軽自動車に初搭載したプロパイロットには、今回新たに「ミリ波レーダー」を追加。これまでより遠くを走る先行車の動きを検知することができるようになり、早いタイミングでブレーキなどの操作を準備できる。また、夜間における歩行者の視認性も向上させた。

「プロパイロット」にはミリ波レーダーを追加
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間